レベチな走りを見ろ!ポルシェボクスター歴代最速「718 スパイダーRS」がニュルに降臨【動画】

■ホイールとブレーキはスパイダーより大型化され、幅が広く、軽量に

ポルシェが現在開発を進めるミッドシップ「718ボクスタースパイダーRS」市販型の最新プロトタイプをビデオが捉えました。

ポルシェ スパイダーRS_005
ポルシェ 718ボクスター スパイダー RS プロトタイプ

ボクスターは718スパイダーによりすでに強化されていますが、RSではさらにアグレッシブに進化します。

ドライバー席と助手席のウィンドウの後ろには追加のエアインテークを配置、ミッドマウントエンジンにより多くのエアーを送り込みます。またローセットのエアインテークもわずかに拡大されている様子が伺えます。

ポルシェ スパイダーRS_001
ポルシェ 718ボクスター スパイダー RS プロトタイプ

側面ではサイドインテークを拡大、後部のディフューザーとエキゾーストシステムは「ケイマンGT4」から継承されているように見えますが、ホイールとブレーキはスパイダーのものより大型化され、幅が広く、軽量になっているようです。

次期型ではフルエレクトリック化されるボクスターですが、最後のガソリンエンジン搭載RSでは「911 GT3」の4.0リットルフラット6自然吸気エンジンを専用チューニングしたものと予想されます。

最高出力は、ケイマンGT4 RSでは420psでしたが、スパイダーRSでは最高出力500psまで向上、7速PDKトランスミッションと組み合わされ、リアデフを介して後輪に動力を送ります。

また、スパイダーのレッドゾーンが8000rpmであるのに対し、スパイダーRSでは9000rpmまで引き上げられ、0-100km/h加速は3.9秒から3.2秒へ、最高速度は301km/hから315km/hへと向上するといいます。

今回のニュルブルクリンク高速テストでは、そのハイスペックを試すように周回を重ねましたが、高速走行からブレーキング、コーナーへという一連の動きは俊敏で、その高い次元はボクスター史上最高の輝きを放っているといっていいでしょう。

718ボクスタースパイダーRSのワールドプレミアは、数週間後の可能性もありますが、発表されたあとでも当分は必見のSPY動画となりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?