ダイハツが軽トラックを活用したオールインワン移動販売パッケージ「Nibako」の提供を開始

■レンタル料金は、1日プランが税込1万3200円~、1ヵ月プランが税込6万6000円~

移動販売が年々増えているように感じます。都市部やオフィス街などでの弁当販売、限界集落などでの移動スーパーは欠かせない存在という方も多いでしょう。

2022年9月6日(火)、ダイハツは、オールインワン移動販売パッケージ「Nibako」の提供を開始した、と発表しました。

ダイハツ ハイゼット トラック
ハイゼット トラックがベース

オールインワン移動販売パッケージ「Nibako」は、ダイハツ自ら事業化しているのが特徴で、軽トラックの荷台に荷箱を設置し、移動販売を始めたい小売業などの事業者をサポートする事業。同日から東京都、埼玉県、千葉県、京都府を中心にスタートしています。

「Nibako」は、移動販売に新規参入する小売業などのニーズに応える事業で、自動車メーカーならではの高い安全性、安心で高品質、利便性の高い「Nibako」を貸し出すだけでなく、新たに移動販売をする方などへの事業相談にも乗ってくれるそう。

さらに、事業者を対象としたウェブサイトの「Nibakoサイト」を開設し、2023年度にはスマホ・アプリも立上げて、消費者向けのコンテンツも追加される予定になっています。

「Nibako」の貸し出しは、軽トラックの「ハイゼット トラック」に「Nibako」を積載した状態で、販売会社から事業者にレンタルされます。将来的には、「Nibako」のみのレンタルも開始される予定です。ベース車両になる軽トラックには手を加えず、荷台に積載され、固定されます(改造届は不要)。

ダイハツ Nibako
軽トラックを活用したオールインワン移動販売パッケージの「Nibako」

3ヵ所の扉を開くことで、1人でも簡単に店の形態にすることが可能。また、「Nibako」のほかにスライド式パーテーションウォール、付属のアルミ製ラック4個(Hi2個、Mid2個)、専用の固定具&ベルトをセットでレンタルになります。なお、「Nibako」の載せ降ろしは、販売会社の店舗にて実施されます。また、ダイハツ本社(池田)工場にて内製化される予定だそう。

気になるレンタル期間は、1日単位もしくは1ヵ月単位で設定可能だそう。レンタル料金は、車両(軽トラック)込みで、1日プランが税込1万3200円~、もしくは1ヵ月プランが税込6万6000円〜(メーカー希望貸し渡し価格)。お試しや移動販売に興味のある方や期間限定の副業などでもトライできそう。

軽トラックおよびNibakoは、販売会社の店舗で毎回整備され、貸し出しとなります。また、さまざまな業種、業態に対応するのも特徴です。小物類や食器類の物販、衣料品販売から、生花や野菜、菓子、総菜など、さまざまな業種、業態で利用可能。

ただし、調理営業販売は不可で、食品の販売は、各地域の保健所が定める条件を満たした上で、届出、許可を得て、各自の責任で実施することになります。

「Nibako」は、上記4都府県を中心に、地域を限定して提供が開始され、順次、地域を増やして全国規模への拡大を目指す構え。今後、移動販売用以外の「Nibako」の開発も行い、事業のさらなるサポートや、アプリ・サービスによる情報提供も随時充実していくそう。

新車というハードを単に売るだけでなく、「Over The Air」などの無線通信を中心とした、アップデートやソフトなどでも稼ぐという手法が注目を集めています。

ダイハツによる「Nibako」は、ユーザーの困り事を解決する狙いから出発していて、スマホ・アプリによる消費者向けコンテンツも追加される予定とのことですので、より身近な存在になるかもしれません。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。