レクサスが次世代のデザインを示した「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」を米国で初公開

■レクサスの最新コンセプトモデルと展示車、試乗車が「モントレー・カー・ウィーク2022」集結

レクサスは、2022年8月18日~21日(現地時間)に開催されている「モントレー・カー・ウィーク2022」において、「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」をアメリカで初公開します。今回は、レクサスの次章「NEXT CHAPTER」をテーマに掲げた出展になっているそうです。

LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT
「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」のエクステリア

次世代を象徴する力強いデザインや「Lexus Driving Signature」を磨き上げ、電動化をはじめ、直感的な技術を採用した象徴的なモデルを中心に出展。同ブランドの進化と未来が披露されています。

なお、レクサスは、「ペブルビーチリゾート」のパートナーとして20年間、「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」のスポンサーとして24年間、この半島で親しまれてきました。

LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT
「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」のリヤビュー

2022年の今年は、「ペブルビーチ ゴルフリンクス」のレクサス展示会場で、英国グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに出展されたばかりの「Lexus Electrified Sport」が米国で初めて公開されます。

8月18日(木)午後4:00~7:00(日本時間 8月19日(金)午前8:00~11:00)に開催された「Lexus Electrified カクテルレセプション」では、CALTYデザインリサーチ社長のKevin Hunter氏が、「Lexus Electrified Sport」が示唆する未来の高性能電動車の開発に込めた想いやデザインについて語りました。

LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT
「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」の俯瞰写真

さらに、8月19日(金)午後1:10(日本時間 8月20日(土)午前5:10)からは、「ザ・クエイル、モータースポーツギャザリング」の会場において、米国レクサスマーケティング担当副社長のVinay Shahani氏、同ブランドアンバサダーのTownsend Bell氏による次世代レクサスの電動化とパフォーマンスについての対談が開催される予定。

同じく初公開となる新型「RX500h F SPORT Performance」をはじめ、Lexus Racing、そしてTownsendとレクサスが2021年のSEMAショーでヒラクと共にカスタマイズをしたIS500について語られます。

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。