トヨタがDNGAを導入? 新型スポーティセダン「ヤリス ATIV(エイティブ)」登場

■新型はファストバックになって室内スペースを拡大

トヨタ自動車(TMT)が8月9日、ヤリスの新型4ドアセダン「ATIV(エイティブ)」をワールドプレミアしました。

新型トヨタ ヤリス「ATIV」のエクステリア

同社は初代となる現行モデルを2017年8月にタイに導入。その後、累計販売台数13.3 万台を記録するなど、コンパクトセダン市場でNo.1の販売台数を誇るほか、世界35ヵ国以上に向けて生産・輸出しています。

新型トヨタ ヤリス「ATIV」のテールランプ

今回公開された新型ATIVではエクステリアがファストバック仕様となっており、フロントマスクにキーンルックを導入。前後ランプにシーケンシャル・ウインカーを備えており、足元に16インチのアロイホイールを標準装着する豪華モデルとなっています。

新型トヨタ ヤリス「ATIV」のエクステリア

パワートレインは1.2L直4デュアルVVT-iエンジン(94hp/11.2kgm)とCVTの組み合せにより、23.3km/Lの燃費を実現。各種情報によるとプラットフォームにTNGAのダイハツ版にあたる「DNGA」を採用している模様。

新型トヨタ ヤリス「ATIV」の豪華なインテリア

先代比でボディサイズが拡大(全長4,425mm、全幅1,740mm、全高1,480mm、ホイールベース2,620mm)されているものの、コンパクトさは維持しており、ホイールベース拡大(+70mm)により、キャビンスペースに余裕を持たせています。

インパネセンターには9インチのディスプレイオーディオを搭載しており、64段階調整可能なマルチカラーのアンビエントライトを採用することで高級感を演出しています。

新型トヨタ ヤリス「ATIV」のスポーティなテールエンド

機能面では全車速アダプティブクルーズコントロールや電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールドなどを装備しており、安全面では、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報、前車発進お知らせ警報、ペダル誤操作抑制機能などを含む「トヨタセーフティセンス」を搭載。

新型では4種類のグレードをラインナップしており、約203~260万円と比較的手頃な車両価格を実現。

オプションで専用意匠の前後バンパーや、リヤウィングが用意されており、スポーティさを演出することも可能になっています。

Avanti Yasunori

【関連記事】

新型トヨタ「シエンタ」の登場がついに秒読み。 狙うなら先手必勝か?
https://clicccar.com/2022/08/07/1209011/

新型スズキ「スイフトスポーツ」が個性的な顔つきで2023年春に登場?
https://clicccar.com/2022/08/02/1207831/

新型プリウスはハイブリッドシステムを一新してWLTC燃費40km/Lに肉薄か?
https://clicccar.com/2022/07/29/1206911/

新型クラウンの一番人気は 「セダン」or「スポーツ」のどちらに軍配?
https://clicccar.com/2022/07/28/1206118/

トヨタがスタイリッシュなコンパクトセダン「YARIS ATIV」をタイ市場に投入!
https://clicccar.com/2017/08/18/502192/

【関連リンク】

トヨタ ヤリス ATIV
https://www.toyota.co.th/model/yarisativ

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。