ボディ拡大予想のBMW X3次期型、2L直4搭載のエントリーモデルをスクープ

■ホイールが以前より小さく、クワッドエキゾーストパイプもなし

BMWが現在開発中の主力クロスオーバーSUV、「X3」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW X3_002
BMW X3 次期型プロトタイプ エントリーモデル

第3世代となる現行型は2017年に発売、2021年には初の大幅改良を受け、直列4気筒、直列6気筒にマイルドハイブリッド技術を投入。いよいよ7年振りにフルモデルチェンジが執行されます。

BMW X3_009
BMW X3 次期型プロトタイプ エントリーモデル

X3次期型は6月に初めてプロトタイプをキャッチ。ダミーパネルやプレースホルダーライトを装着しており、ディテールは不明でした。

しかし、大径ホイールを装着、後部にクワッドエキゾーストパイプがインストールされていることから、「X3M」の下位に配置される高性能モデル「X3 M40i」(新ネーム)であると思われています。

今回捉えたプロトタイプは、ホイールが以前より小さく、後部にクワッドエキゾーストパイプを収納するリアバンパーが見られないことからも、ベーシックモデルの可能性が高いようです。

キャビン内は、ダッシュボード上の大型デュアルスクリーンセットアップを含む、BMW最新のインフォテイメントテクノロジーを「iX」から受け取ることが期待されています。

BMW X3_008
BMW X3 次期型プロトタイプ エントリーモデル

プロトタイプを見ると、ボディサイズが拡大されているように見えます。フロントエンドでは、閉ざされたキドニーグリルの下に通気口が配置され、下方向に拡大されている可能性がありそうです。

次期型では、強力なX3 M用を含むさまざまなパワートレインを備えたX3を提供することが期待されています。電動化は、新しいX3の大部分を占め、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、および完全に電気的なバリエーションが計画されている可能性がありそうです。

X3次期型のワールドプレミアは、2024年以降とまだまだ先となるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?