シビック タイプRとFF最速の座を争うルノー「メガーヌR.S.」が一部改良。メーターとセンターディスプレイを大型化

■BOSEサウンドシステムとサイドパーキングセンサーを新たに採用

ホンダ・シビック タイプRと「FF最速」の座を争うルノーメガーヌR.S.。最もハードなトロフィーは引き締まった乗り味という印象ではあるものの、現行型は速さと快適さを兼ね備えています。

ルノー メガーヌR.S.
メガーヌR.S.のエクステリア

2021年1月にはマイナーチェンジを受け、メガーヌR.S.にもトロフィーと同じ300PS/420Nmの高出力エンジンが搭載されたほか、アダプティブクルーズコントロールの採用や衝突被害軽減ブレーキに歩行者検知機能が備わるなど、安全装備のアップデートも盛り込まれました。

ルノー メガーヌR.S.
メガーヌR.S.が一部改良を実施

そして、2022年7月に一部改良を受け、価格も改定されています。

メーターディスプレイであるデジタルインストルメントパネルが7インチから10インチに拡大され、センターディスプレイの「マルチメディア EASY LINK(イージーリンク)タッチスクリーン」も7インチから9.3インチに拡大され、視認性や操作性の向上が図られています。

さらに、BOSEサウンドシステムとサイドパーキングセンサーが新たに備わり、高音質サウンドと安全性の向上も享受できます。

ルノー メガーヌR.S.
メガーヌR.S.のインテリア

なお、一部改良前モデルは、日本の在庫がなくなり次第、販売終了となります。

シビック タイプRとFF最速の座を争うメガーヌR.S.。ライバルであっても客層は異なるでしょう。それでも新型にスイッチするライバルに対し、主に利便性の向上による迎え撃つ体勢が整えられています。

※上記写真は、一部改良前モデル(2021年3月時点)の写真です。

●価格
「メガーヌR.S. EDC」:519万円
「メガーヌR.S.トロフィー MT」:549万円
「メガーヌR.S.トロフィー EDC」:559万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。