新型クラウンの4タイプ発表で驚くなかれ、豊田章男社長が初めて購入した愛車4代目70系カローラは9タイプ、スプリンターと合わせ最大13タイプもあった

■新型クラウンを上回るバリエーション数があったカローラ

2022年7月15日、新型クラウンがワールドプレミアされました。クラウンの「革新と挑戦」のDNAを受け継ぎつつ、ユーザーの多様な価値観やライフスタイルに寄り添うため、4つのバリエーションを持った新時代のフラッグシップとして刷新されました。

4代目トヨタカローラ02
新型クラウンのボディバリエーション

第1弾として、2022年秋ごろに発売予定であるのが、クロスオーバー。セダンとSUVを融合させた革新的なパッケージで、これまでの概念にとらわれない、新たな価値を提供するクルマです。

そして、スポーツ、セダン、エステートを順次追加し、今後グローバルに約40の国・地域に順次展開していきます。

新型クラウンに4つのバリエーションが用意されていることに驚きましたが、過去にはもっと多彩なボディバリエーションを揃えていたモデルがありましたので、そのモデルについて紹介しましょう。

●カローラは兄弟車のスプリンターを加えると合計13タイプ!!

4代目トヨタカローラ04
4代目カローラセダンのリアスタイル

それは1979年に発売されたトヨタカローラです。70型と呼ばれる4代目カローラは、スポーティモデルのGTを豊田章男社長が初めて購入した愛車としても知られているモデルです。

4代目トヨタカローラ05
4代目カローラセダンのインパネ
4代目トヨタカローラ06
4代目カローラセダンのシート

1979年3月に登場した4代目カローラはまず、セダン(2/4ドア)、ハードトップ、クーペ、リフトバックが登場。

そしてバン系(2/4ドア)は5カ月遅れて追加され、さらに1982年にはステーションワゴン(2/4ドア)を設定。合計9つのボディタイプが揃いました。

4代目トヨタカローラ07
4代目カローラ4ドアセダンのフロントスタイル

4代目カローラは歴代モデル中で、最もボディバリエーションが豊富で、1983年3月には生産累計台数1,000万台の大記録を達成しています。

4代目トヨタカローラ08
4代目カローラ2ドアセダンのフロントスタイル

セダン、バン系には上級モデルにしか採用されていなかった丸型4灯式ヘッドライトを採用。またクーペ系には角形2灯式ヘッドランプを採用したほか、スポーティグレードの「GT」と「レビン」には、大型の衝撃吸収ウレタンバンパーを装着しています。

4代目トヨタカローラ09
4代目カローラハードトップのフロントスタイル

シャシーでのポイントは、リアサスペンションを半楕円リーフスプリングからラテラルロッド付4リンク/コイルスプリングに変更したこと。これによって乗り心地と走行安定性を向上させています。

4代目トヨタカローラ10
4代目カローラクーペのフロントスタイル

搭載しているエンジンは、1.3L直4(4K-U)、1.5L直4((3A-U)、1.6直4(2T-GEU)の3機種で、セダンとハードトップにも1.6直4DOHC(2T-GEU)を搭載していました。

さらに1979年8月に1.8L直4(13T-U)、1982年2月に1.8L直4ディーゼル(1C)を4ドアセダンに追加しています。

4代目トヨタカローラ11
4代目カローラリフトバックのフロントスタイル

バンモデルは1979年8月にフルモデルチェンジを実施します。ボデーは2ドアまたは4ドアで、スタンダード(1.3Lのみ)、デラックス、GLの3種グレードを用意しています。

4代目トヨタカローラ013
4代目カローラ4ドアバンのフロントスタイル

バンモデルのリアサスペンションは、先代から引き継いだリーフ・リジッドを採用。荷物の積載量は2名乗車時がこれまでと同じ400kgですが、5名乗車の場合は250kgと増加しています。

4代目トヨタカローラ12
4代目カローラ2ドアバンのフロントスタイル

デビュー当初、搭載されているエンジンは1.3L直4(4K-J)と1.6直4(12T-J)の2種類。組み合わされるトランスミッションは4速MTを標準とし、1600GLの4ドアのみ3速ATが選択可能でした。1982年5月の小変更ではヘッドランプがセダンと同じ角型に変更されました。そして、1.6Lのガソリンが廃止となり、1.8L直4ディーゼル(1C)エンジンに替わっています。

4代目トヨタカローラ15
カローラ4ドアワゴンのフロントスタイル

1982年に行ったバンの小変更と同時に、70型カローラにワゴンが追加されました。この時期はカローラと同じクラスに、サニーカリフォルニアやシビックカントリーが登場し、ステーションワゴンの注目が高まっていました。

4代目トヨタカローラ16
カローラ2ドアワゴンのフロントスタイル

カローラワゴンはバン同様に4ドアとロングデッキと呼ばれる2ドアの2種類を用意。商用車のバンをベースとしているものの、後席の居住性をセダン並みにするとともに、内外装備もセダンに準じたものに仕立てあげられています。

搭載されたエンジンは1.3L直4ガソリンエンジン。ステアリング方式はセダンと同じラック・アンド・ピニオンに変更されていますが、重い荷物を積むことを想定してリアサスペンションはバンと同様のリーフスプリング式リジッドアクスルのままとなっています。

4代目トヨタカローラ17
スプリンターのフロントスタイル

兄弟車のスプリンターは4ドアセダン、ハードトップ、クーペ、リフトバックの4タイプが用意されており、カローラとスプリンターで合計13タイプで展開されていました。

新型クラウンも現在発表されているのは4タイプですが、今後クラウンシリーズとしてさらにミニバンなども設定される可能性があるかもしれません。

(文:萩原文博、写真:トヨタ自動車株式会社)

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!