メルセデス・ベンツGLC新型、最強モデルAMG「63」の破壊力とは?

■最高出力400ps以上は軽く超える2.0リットル直列4気筒ターボエンジンをモーターで強化

メルセデス・ベンツは6月1日、主力クロスオーバーSUV「GLC」新型を発表したばかりですが、その頂点に君臨するハードコアモデルAMG「GLC63」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG GLC63_009
メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ

昨年11月にキャッチしたプロトタイプは厳重なカモフラージュでしたが、今回はボディ前後とサイドスカートのみを偽装、ディテールが見えてきています。

その姿はローダウンされワイドボディを採用。フロントエンドにはAMGの象徴「パナメリカーナグリル」や、より頑丈なバンパー、分厚いサイドスカートが装備されています。

メルセデス AMG GLC63_014
メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ

足回りには、粘着製のあるスティッキータイヤを装着、特注のAMGホイールにクロスドリルを備えるローター、レッドキャリパーで強化されたブレーキなどが確認できます。

後部では大型ルーフスポイラー、クワッドエキゾーストパイプ、そしてアグレッシブなディフューザーなどが見てとれ、超高性能モデルであることが一目瞭然です。

キャビン内も初めて撮影に成功、12.3インチの自立型デジタル計器クラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチの中央タッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなど、予想通りGLC新型と同じレイアウトが見てとれます。

ただし、AMGは、よりスポーティなバケットシートのセットと、フラットボトムステアリングホイール用の新しいスエードスタイル張りを備えているほか、金属やカーボンファイバーなどのアクセントが追加されます。

メルセデス AMG GLC63_012
メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ

心臓部は、前世代の4.0リットルV型8気筒から、最高出力400ps以上は軽く超える2.0リットル直列4気筒ターボエンジンへ置き換えられ、最大200psを超える電気モーターと組み合わすことにより、システム合計で狂気の670psとも噂されています。

これが事実なら、ライバルとなるBMW「X3M Competition」の510psを凌駕するパフォーマンスとなるでしょう。

AMG「GLC63」のワールドプレミアは、最速で2022年内と予想されます。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?