ホンダ・フリードにスパイク登場。広い荷室が魅力の5人乗りミニバン【今日は何の日?7月8日】

■コンパクトミニバン「フリード」の派生モデルとして登場

2010(平成22)年7月8日、ホンダは人気のコンパクトミニバン「フリード」をベースに、定員を5人に限定した派生モデル「フリードスパイク」を発表。5人で楽しめるクルマを目指して、収納やシートアレンジなどの自由度を上げて、ユーティリティを強化しているのが特徴です。

2010年にデビューした5人乗車のミニバン「フリードスパイク」
2010年にデビューした5人乗車のミニバン「フリードスパイク」

●ベースのフリードは、手頃なサイズの運転しやすいコンパクトミニバン

フリードスパイクのベースとなったコンパクトミニバン「フリード」は、スパイク発売の2年前の2008年5月にデビューしました。コンセプト「サイコーにちょうどいいホンダ!」を目指し、コンパクトなボディながら低床低重心で優れた居住性と取り回しの良さを実現したモデルです。

2008年にデビューした低床・低重心ミニバンのフリード
2008年にデビューした低床・低重心ミニバンのフリード

スタイリッシュで引き締まったフロントデザイン、背の高いボディとゆとりある室内空間、利便性と乗降性に優れた両側スライドドア、多彩なシートアレンジ、さらに1.5L直4 i-VTECエンジンの優れた燃費性能、といった要素が高い評価を得て、人気モデルとなりました。

●5人がもっと楽しんで遊べるミニバンを目指して登場

自転車2台も楽々積めるフリードスパイク
自転車2台も楽々積めるフリードスパイク
多彩なシートアレンジができるフリードスパイク
多彩なシートアレンジができるフリードスパイク

人気のフリードの派生モデルとして登場したフリードスパイクは、3列シートの3列目を取り除いて、フリード譲りの低床低重心で幅広荷室を実現。“5人でもっと楽しめる、遊べるクルマ”を目指して開発されました。実際のところ、3列シートは便利ですが、3列目が乗員シートとして使用される頻度は少ないようです。また、荷室全体をフルフラットにでき、大人でも足を伸ばして横になることができるので、車中泊にも対応可能。さらに、自転車なら2台積んでもまだまだ余裕があり、長尺のロングサーフボードや、フィッシングロッドも問題なく搭載できます。

パワートレインは、フリードと同じく1.5L直4i-VTECエンジンと、CVTおよび5速MTの組み合わせ。駆動方式は、FFと4WDが用意されました。フリード同様、ミニバンながら優れた燃費性能も注目されました。

キャンピングステーション「ASICS×Honda」
キャンピングステーション「ASICS×Honda」
自転車2台も楽々積めるフリードスパイク
自転車2台も楽々積めるフリードスパイク

●スポーツおよびアウトドア関連企業とコラボしたキャンペーンを実施

フリードスパイクのユーティリティの高さを活用して、スポーツメーカーの「アシックス」およびアウトドアカンパニーの「コールマン」と共同で、キャンペーンが実施されました。

・「ランニングステーション ASICS×Honda」
アシックスと共同で開発したキャラバンカーで、ランニングを旅先でも快適に行える「旅先ランニング」をアピール。ランニングシューズをプリントした外観や着替え可能なロッカー、シャワーユニットなどが用意されました。

・「キャンピングステーション Coleman×Honda」
リビングのような空間を自然で楽しめる「青空リビング」と、出先でも気軽に料理が楽しめる「寄り道クッキング」をアピール。コールマンのブランドカラーであるグリーンを基調にした外観やリビングスペースを作り出すテールゲートタープ、室内でも屋外でも使えるテーブル、収納スペースを作り出すギアハンモックなどが用意されました。


最近、コンパクトミニバンの人気が高いようです。フリードの他にも、トヨタシエンタルーミースズキソリオなど、まさに激戦区の様相です。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。