子どもから大人まで楽しめるホンダの体験型イベント「Enjoy Honda(エンジョイホンダ)」が3年ぶりに開催へ

■「キッズバイク体験」や「交通安全教室」「スーパーフォーミュラ タイヤ交換チャレンジ」などを用意

ホンダは、来場者が体験して楽しめるイベントの「Enjoy Honda 2022(エンジョイホンダ2022)」を、各地域で開催すると発表しました。

2022年9月3日(土)の「モビリティリゾートもてぎ」での開催を皮切りに、10月1日(土)~10月2日(日)に新潟県の「朱鷺メッセ」、12月3日(土)~12月4日(日)に宮城県の「夢メッセみやぎ」で開催される予定です(現時点で開催が決定している会場)。

「Enjoy Honda」は、同社のモータースポーツや二輪、四輪、パワープロダクツ製品を「見て、遊んで、体感する」ことを目的としたイベント。

エンジョイホンダ
トライアルバイクショーの様子

2001年の初開催以来、100万人を超える来場者を集めています。なお、2020年、2021年は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として中止されています。

イベント開催20周年となる今年は、ホンダが持つ多面的な魅力を伝えることを掲げ、現在展開中のホンダの想いを伝えるプロジェクト「Hondaハート」など、新たなコンテンツに触れる機会が設けられます。

エンジョイホンダ
20周年を迎える「Enjoy Honda 2022」

また、幅広いラインナップの最新のホンダ製品に触れることができる「製品展示」、親子で学びながら体験できる「キッズバイク体験」や「交通安全教室」、間近に観覧できる大迫力のモータースポーツプログラム「トライアルバイクショー」など、以前から好評の参加体験型プログラムも数多く実施されますので、子どもから大人まで、幅広い年齢層が楽しめるイベントになっています。

主なプログラムは、観覧型プログラムの「トライアルバイクショー」、体験型プログラムの「スーパーフォーミュラ タイヤ交換チャレンジ」「キッズバイク体験」「キッズメカニック」「HondaJet ふあふあバルーン」「交通安全教室」のほか、二輪車、四輪車、パワープロダクツ、モータースポーツ車両の展示となっています。

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。