最後のICE搭載Mとして永遠に。新型BMW「M2」のプロトタイプが公式リーク

■輪駆動レイアウトのみを備える最小のMモデル

BMWは現在2ドアスポーツカー「M2」を開発中ですが、その最新プロトタイプが公式リークされました。

BMW M2_010
BMW M2 ティザーイメージ

電動化される前、最後のガソリンエンジン搭載の「M」となる新型M2のカウントダウンが始まりました。BMWは「M2 G87は、最後のICEのみのモデルとして歴史に名を残すでしょう」と語っています。

BMW M2_034
BMW M2 ティザーイメージ

M2市販型は、6速マニュアルトランスミッションまたは8速ステップトロニックオートマチックギアボックスを組み合わせ、後輪駆動レイアウトのみを備える最小のMモデルとなります。

パワートレインは「M4」から「S58」エンジンを流用、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンをデチューンし、最高出力は410ps~420ps、「M2コンペティション」では450ps~470psを発揮すると予想されています。

また新型は、先代M2 CSとほぼ同じレベルのパフォーマンスを提供すると述べており、M4からブレーキシステムを継承するほか、フロントのカーボンファイバールーフで重量を軽減、オプションではフロントのカーボンファイバーバケットシートが設定されます。

BMW M2_014
BMW M2 ティザーイメージ

キャビン内では「iDrive8」を搭載したすべてのBMWと同じ巨大な湾曲したデュアルスクリーンのダッシュボードディスプレイを搭載するはずです。

足回りでは、M4と同じアダプティブダンパーと、275/35-19フロントタイヤと、285/30-20リアタイヤを装備することが新たにわかりました。

ベースモデルと比較して、フロントとリアのトラックは2.1インチ(5.3cm)広くなっており、カラフルなMのカラーリングが削除されると、M240iよりもかなりアグレッシブなディテールがお目見えするはずです。

M2新型は2023年4月に発売される予定で、最速で2022年10月のワールドプレミアが噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?