最後の「純」V8モデルになる? メルセデスAMG E63、次期型は電動化に

■V8エンジンが完全消滅するわけではなく、さまざまな形で提供

メルセデスAMG e63_001
メルセデスAMG E63ファイナルエディション

メルセデス・ベンツは先日、『Eクラス』の頂点に君臨するメルセデスAMG「E63 S 4MATIC+」に「Final Edition」(ファイナル エディション)を設定しましたが、このモデルが「V8を搭載する最後のE63」になることが濃厚となることがわかりました。

メルセデス・ベンツが、クロスオーバーSUV「GLC」新型のパワートレーンすべてにマイルドハイブリッドまたはPHEVを搭載し電動化したように、同ブランドでは2030年までにフルエレクトリック専売メーカーになることためのステップを踏んでいます。

メルセデスAMG e63_003
メルセデスAMG E63ファイナルエディション

おそらくメルセデス・ベンツ「Eクラス」次期型となる「W214型」では、ハイパフォーマンスのAMGモデルでさえ、内燃機関V型8気筒のパワートレーンはラインアップされないと予想されています。

そのため「E63 S 4MATIC+ Final Edition」は、電動化されない最後のV型8気筒になる可能性が高く、内燃機関V8エンジンの「終わりの始まり」となりそうです。

メルセデスAMG e63_004
メルセデスAMG E63ファイナルエディション

「E63 S 4MATIC+ Final Edition」では、マット仕上げ、カーボンファイバーコンポーネントを装備、足回りは20インチホイールセットを備えます。

キャビン内もカーボンファイバー仕上げで、パフォーマンスステアリングホイールと、黄色のコントラストステッチが施されたスポーツシートを装備します。パワートレーンは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載、最高出力612psを発揮します。

ただし、AMGのボスであるPhilipp Scheimerspoke氏は、V8エンジンが消滅するわけではなく、今後10年間メルセデスのV8エンジンはさまざまな形で存続すると述べています。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?