第3戦鈴鹿のGT500優勝は圧倒的な速さのCRAFTSPORTS MOTUL Z。NISSAN Z GT500が初勝利【SUPER GT 2022】

■序盤から大波乱の第3戦鈴鹿

5月29日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで2022 AUTOBACS SUPER GT第3戦「たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE」の決勝レースが行われました。

レース序盤の様子
レース序盤の様子

決勝前に行われたウォームアップ走行でGT300マシンがクラッシュ。その影響で第3戦決勝は予定から10分の遅延となり、14時40分にフォーメーションラップがスタート。

この日の鈴鹿サーキットはこの時点ですでに気温30度、路面温度も50度と真夏のレース並みとなっていました。

スタートラップの第一コーナー
スタートラップの第一コーナー

2周のフォーメーションラップののちに切られたスタートでは、GT500クラスのポールポジションの19号車 WedsSport ADVAN GR Supraがホールショット。

しかし、2番手は予選2位の37号車 KeePer TOM’S GR Supraを1コーナーで抜いていった予選3位の3号車 CRAFTSPORTS MOTUL Zが浮上。その後も3号車は130RでWedsSport ADVAN GR Supraも抜き去り、トップに躍り出ます。

2周目の様子。トップが3号車に!
2周目の様子。トップが3号車に!

そして2周目はトップCRAFTSPORTS MOTUL Z、2番手はKeePer TOM’S GR Supra、そして3番手には WedsSport ADVAN GR Supraを抜いた17号車 Astemo NSX-GTと続きます。

しかし、その後方で12号車 カルソニック IMPUL Zがマシントラブルでスローダウンし、逆バンクのコースサイドでストップ。その回収作業で早くもフルコースイエロー(FCY/80km/h制限)の導入となります。

このFCYは1周で解除され、CRAFTSPORTS MOTUL Zは再び後続を引き離していき、9周目には3秒以上のアドヴァンテージを確保します。

KeePer TOM’S GR Supra
KeePer TOM’S GR Supra

ところが、11周目に38号車 ZENT CERUMO GR Supraがマシントラブルでストップ。ほぼ同時にGT300のマシンが日立Astemoシケインでマシントラブルからクラッシュ。ここでセーフティカー(SC)が導入されることになります。

これでCRAFTSPORTS MOTUL Zの3秒以上のアドヴァンテージは帳消しとなります。

が、14周目のレース再開でトップをキープしたCRAFTSPORTS MOTUL Zは、18周目には再び3秒以上も後続を引き離して独走態勢となります。

CRAFTSPORTS MOTUL Zのピット作業
CRAFTSPORTS MOTUL Zのピット作業

18周を終えると、16号車 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTなどが早めにルーティーンのピットインを行ってきます。トップのCRAFTSPORTS MOTUL Zも21周を終えてピットイン。

ここで千代勝正選手から高星明誠選手に交代。素早く完璧なピット作業を終えて、実質トップのままコースへと復帰します。

●圧倒的速さで優勝したCRAFTSPORTS MOTUL Z

GT500クラスの全車がピットインを済ませると、トップは再びCRAFTSPORTS MOTUL Z。2番手にはAstemo NSX-GTが浮上。しかし30周目ではその差は約17秒までひろがっています。

このレースで2回導入されたセイフティーカー
このレースで2回導入されたセイフティーカー

そんな中、39周目にRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GTがNISSINブレーキヘアピン手前でGT300車両と接触、2台ともコースサイドにストップしてしまい、これで2回目のSC導入となります。

これで3号車が築いた20秒近いアドヴァンテージが再び帳消しとなってしまいます。

SC解除での再スタート
SC解除での再スタート直後

しかしCRAFTSPORTS MOTUL Zは再スタートからわずか3周ほどで、2番手のAstemo NSX-GTとの差を再び3秒台にし、さらに差を広げていきます。

優勝したCRAFTSPORTS MOTUL Z
優勝したCRAFTSPORTS MOTUL Z

このままCRAFTSPORTS MOTUL Zは、完全に逃げ切ってトップでチェッカーを受けました。

これでNissan Z GT500が初勝利。千代選手と高星選手にとっても、GT500クラス初優勝となりました。またGT500クラス、GT300クラスともにミシュランタイヤが優勝。

Astemo NSX-GT
Astemo NSX-GT

2位にはAstemo NSX-GTが、3位にはKeePer TOM’S GR Supraが入ります。

3位と4位は0.048秒の僅差!
3位と4位は0.048秒の僅差!

開幕戦からのトヨタ、ホンダ、そして今回の日産の優勝で、GT500クラスはそれぞれが1勝ずつを3車種が分け合うカタチとなり、今後の展開が楽しみな状況となりました。

GT500クラスの表彰式
GT500クラスの表彰式

そんなSUPER GTの次戦は8月6日(土)、7日(日)に富士スピードウェイで開催される第4戦 富士450kmレースとなります。真夏のロングディスタンスはいったいどんな展開となるのでしょうか?

【SUPER GT2022 第3戦 鈴鹿 GT500 決勝結果】

順位 ゼッケン 周回数 車名 ドライバー
優勝 3 52周 CRAFTSPORTS MOTUL Z 千代勝正 高星明誠
2位 17 52周 Astemo NSX-GT 塚越広大 松下信治
3位 37 52周 KeePer TOM’S GR Supra サッシャ・フェネストラズ 宮田莉朋
4位 39 52周 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口雄飛 中山雄一
5位 19 52周 WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資 阪口晴南
6位 24 52周 リアライズコーポレーション ADVAN Z 佐々木大樹 平手晃平
7位 8 52周 ARTA NSX-GT 野尻智紀 福住仁嶺
8位 14 52周 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋和也 山下健太
9位 100 52周 STANLEY NSX-GT 山本尚貴 牧野任祐
10位 36 52周 au TOM’S GR Supra 坪井 翔 ジュリアーノ・アレジ
11位 64 52周 Modulo NSX-GT 伊沢拓也 大津弘樹
12位 23 52周 MOTUL AUTECH Z 松田次生 ロニー・クインタレッリ
13位 16 37周 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 笹原右京 大湯都史樹
リタイア 38 10周 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路 石浦宏明
リタイア 12 1周 カルソニック IMPUL Z 平峰一貴 ベルトラン・バゲット

(写真:吉見 幸夫/文:松永 和浩

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。