スバル・レガシィ アウトバックが「自動車安全性能2021ファイブスター大賞」に輝く

■衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得

2021年秋に日本でも発売された、新型レガシィアウトバックSUBARU(スバル)は「自動車アセスメント(JNCAP)」の「自動車安全性能2021ファイブスター」を獲得したと発表しました。

「ファイブスター」の評価は、190点満点中185.02点。

衝突安全性能評価は、ランクA(95.07点/100点満点)、予防安全性能評価もランクA(81.95点/82点満点)、事故自動緊急通報装置は8点(8点満点)。

「ファイブスター」は、衝突安全性能、予防安全性能の評価がAランクで、かつ事故自動緊急通報装置を備えていることが条件になります。

SUBARU レガシィ・アウトバック
SUBARUレガシィ・アウトバックのエクステリア

「大賞」はファイブスター賞の対象車種のうち、評価年度内での最高得点のモデルに与えられます。

新型(現行型)レガシィ・アウトバックは、「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」とフルインナーフレーム構造が採用され、高い衝突安全性能に寄与しています。

従来型に対し、車体強度の大幅な向上やフレームワークの最適化が行われ、衝突エネルギー吸収率が向上。

SUBARU レガシィ・アウトバック
「SGP」に加えて、インナーフレーム構造で衝突安全性能を向上

さらに、フロントフレーム下に前面衝突時の衝撃をより効果的に分散させるセカンドロードパスが備わり、自車の衝突安全性を高めるだけでなく、衝突相手車両の被害軽減も図られています。

また、デュアルSRSエアバッグをはじめ、側面衝突時に備えるSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグ、シートベルトによる拘束保護性能を高める助手席SRSシートクッションエアバッグなども採用されていて、万一の際にも乗員を保護。

スバルらしい安全へのこだわりとして、歩行者保護エアバッグの全車標準化もトピックスです。

歩行者エアバッグは、歩行者との衝突を検知すると、Aピラーやフロントガラス下部といった硬いパーツを覆うようにエアバッグが展開され、歩行者へのダメージを軽減するもので、輸入車も含めてまだ採用している車種は少数派です。

一方の予防安全性能では、視野が大幅に拡大された新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現した新世代「アイサイト」が全車に標準装備され、高評価の獲得に貢献。

SUBARU レガシィ・アウトバック
「アイサイト」の目である最新のステレオカメラを採用する

実際の交通現場では、ソフトウェアの性能向上や電動ブレーキブースターの採用などもあり、交差点の右左折時や見通しの悪い場所での出会い頭の事故など、より幅広いシーンで衝突回避がサポートされます。

万一の交通事故やトラブルが発生した際にサポートされるコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」も採用されていて、24時間365日、クルマとSUBARUがつながることで、さらなる安心を提供。

自慢の走りに加えて「安全と愉しさを」をテーマに掲げるSUBARU。

レガシィ・アウトバックのファイブスター大賞の獲得は、「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞したレヴォーグに続く、2年連続での受賞になります。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。