ホンダが着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack e」の活用事例を紹介【人とくるまのテクノロジー展2022】

■「カーボンニュートラル」「交通事故死者ゼロ」をメインテーマに出展

ホンダは、2022年5月25日(水)から27日(金)までパシフィコ横浜、6月29日(水)から7月1日(金)までポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」の出展概要を発表しました。

今回は、リアル展示会に加えてオンライン展示会も行われ、同社は両会場に出展。なお、オンラインの横浜展示会は、2022年5月25日(水)~31日(火)。名古屋展示会は、2022年6月29日(水)~7月5日(火)まで開催されます。

ホンダ 人とくるまのテクノロジー展2022
ホンダの「人とくるまのテクノロジー展2022」ブースイメージ

今回は、2050年の「カーボンニュートラル」と「交通事故死者ゼロ」という新たな目標の達成に向けた最新技術が披露されます。

カーボンニュートラルでは、次世代FC(燃料電池)システムが紹介されます。水素社会実現に向けてFCの本格普及を目指し、安価で高耐久性を実現したという次世代FCシステムと、同システムを使った多用途展開を紹介。

具体的には、ゼネラルモーターズ(GM)との共同開発による次世代FCシステム、いすゞ自動車と共同研究中のFC大型トラック(映像紹介)、クリーンで高品質な電力を供給できる非常用FC定置電源(映像紹介)の3つです。

着脱式可搬バッテリーである「Honda Mobile Power Pack e」の活用事例も紹介されます。この第2世代着脱式可搬バッテリーは、モビリティにおける電動化の課題である航続距離や充電時間を解決が期待されています。

さらに、電動三輪スクーターやバッテリーシェアリング技術などの活用事例を紹介。具体的には、着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパックイー)」と、同バッテリーの活用により長寿命化に貢献するバッテリーシェアリング技術をピックアップ。

「Honda Mobile Power Pack e:」が動力源となる屋根付きのビジネス用電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピーイー)」が披露されます。また、「Honda Mobile Power Pack e:」を使い、高品質な電気を供給するバッテリー着脱式のハイパワーポータブル電源「Honda Power Pod e: Prototype」も出展。

ホンダ 人とくるまのテクノロジー展2022
レジェンドに搭載された全方位先進安全運転支援システム「Honda SENSING 360 (ホンダ センシング サンロクマル)」、自動運転レベル3適合技術「Honda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)」

もうひとつのテーマである交通事故死者ゼロでは、お馴染みの「Honda SENSING」技術が紹介されます。

全方位先進安全運転支援システム「Honda SENSING 360 (ホンダ センシング サンロクマル)」、自動運転レベル3適合技術「Honda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)」など、最先端の先進安全装備を披露。

ほかにも、「安全・安心ネットワーク技術」として、ネットワーク技術の活用により、すべての交通参加者と共存できる安全社会の実現を目指す同社の取り組みを披露。

1つめは、「V2P(Vehicle to Pedestrian communications)」と先進運転支援システム技術との連携による歩行者端末への警報システム。2つめが、すべての交通参加者である人とモビリティが通信でつながることで、事故が起きる手前でリスクを予兆、回避する「安全・安心ネットワーク技術」です。

さらに、二輪姿勢制御技術「ライディングアシスト」も披露。バランス安定化制御とライダー、マシンの協調制御により、二輪車の持つ潜在的リスクである「転倒」への不安を軽減される技術が紹介されます。

塚田勝弘

【関連リンク】

人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA/公式サイト(オンライン会場)

https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/yokohama/

人とくるまのテクノロジー展2022 NAGOYA/公式サイト(オンライン会場)

https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/nagoya/