競泳の入江陵介選手がルノー ルーテシアのアンバサダーに就任

■SNSなどでその魅力を発信

ルノー・ジャポンは、2022年4月5日(火)、競泳の入江陵介選手(イトマン東進)をルノー ルーテシアのアンバサダーに起用したと発表しました。

ルノー ルーテシア
ルノー ルーテシアのアンバサダーに就任した競泳の入江陵介選手

入江選手は、ロンドン五輪で3個のメダルを獲得し、2022年国際大会日本代表選考会において、7大会連続となる世界水泳日本代表選手に選出されています。

入江選手には、ルノー・ジャポンからルノー ルーテシアが貸与され、移動時やプライベートで活用していただくとともに、SNSなどでその魅力を発信していくことになります。

ルノー ルーテシア
ルーテシアの運転席に収まる入江陵介選手

トップアスリートと筋肉質でスポーティなBセグメントハッチバックのルノー ルーテシアは、写真からもとても似合っていることが伝わってきます。

ルノー ルーテシア
ルーテシアのアンバサダーに就任した入江陵介選手

(塚田勝弘)

【関連リンク】

■入江陵介選手SNS
Instagram https://www.instagram.com/ryosuke_irie/
Twitter      https://twitter.com/ryosuke_irie

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。