BMW 4シリーズ グラン クーペのバッテリーEV「BMW i4」は500km超の航続距離を実現。4WDの「M50」も設定

■価格は750万円〜1080万円

BMWにまた新たなバッテリーEVが加わりました。

プレミアムミドルクラスの4ドアクーペである「BMW 4シリーズ グラン クーペ」に「BMW i4(アイフォー)」が追加され、2022年2月16日(水)に受注を開始。デリバリーのスタートは、同年3月以降の見込みです。

BMW i4
「BMW i4 eDrive40」のエクステリア

BMW i4は4ドアの実用性とクーペならではの流麗なフォルムを描く4シリーズ グラン クーペをベースに、一充電走行距離590km(欧州仕様値)という十分な航続距離を確保。

グレードは、3タイプ設定されています。「BMW i4 eDrive40」は、最高出力250kW(340PS)、最大トルク430Nmを発揮する電気モーターがリヤに配置され、後輪を駆動。

BMW i4
床下にリチウムイオン電池を配置する

ボディ床下に収納されているリチウムイオン電池の容量は210.6Ah、総エネルギー量は83.9kWhで、一充電での走行可能距離は590kmとなっています(欧州仕様値)。

また、BMW i4 eDrive40には、「M Sport」も用意されており、また4WDモデルも設定されています。

BMW i4
「BMW i4 M50」のエクステリア

「BMW i4 M50」は、前輪を駆動するモーターと後輪を駆動するモーターの2モーターを搭載。

フロントモーターは最高出力190kW(258PS)・最大トルク430Nm、リヤモーターは、最高出力230kW(313PS)・最大トルク365Nmを発揮し、システムトータルでの最高出力は400kW(544PS)・最大トルクは795Nmに達します。

BMW i4
充電イメージ

リチウムイオンバッテリーの容量は210.6Ahで、総エネルギー量は83.9kWh。一充電あたりの走行可能距離は510km(欧州仕様値)です。

さらに、最新の充電技術が採用されていて、普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。普通充電では自宅などで6.4kWのBMWウォールボックス(200V/32A)を使うことで、約15時間で充電開始時0%の状態から100%まで充電することが可能です。

500kmを超える航続距離により、200Vを使ってもフル充電までの時間はやや長め。

BMW i4
「BMW i4 eDrive40」のインパネ

一方の急速充電(CHAdeMO)では、現在主流の90kW充電器では、約40分で充電開始時0%の状態から約80%まで充電が完了します。また、わずか10分の急速充電でも最大約90km(BMW i4 eDrive40)、約75km(BMW i4 M50)程度の航続距離を確保できます。

加えて、BMWの店舗への設置など、今後の普及が見込まれている150kWの急速充電器の場合は、約30分で充電開始時0%の状態から約80%までの充電が可能になっています。

なお、10分の急速充電でも最大約150km(BMW i4 eDrive40)、約130km(BMW i4 M50)程度まで航続距離を伸ばすことが可能です。

BMW i4
「BMW i4 eDrive40」のフロントシート

ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能、先進安全装備の「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」も標準装備されるほか、「BMWコネクテッド・ドライブ」「BMW Intelligent Personal Assistant(インテリジェント・パーソナル・アシスタント)」「Amazon Alexa」などの先進のインフォテインメントシステムも採用されています。

BMW i4
「BMW i4 eDrive40」のラゲッジスペース

●ボディサイズ:全長4785×全幅1850×全高1455mm
●価格
「BMW i4 eDrive40」:750万円
「BMW i4 eDrive40 M Sport」:790万円
「BMW i4 M50」:1080万円

塚田 勝弘