日本のハイエース市場に殴り込み!? 初披露から5年越しに正式輸入されるフィアット・デュカト【ジャパンキャンピングカーショー2022】

■イタリアのハイエース的存在が、キャンピングカーのベース車として日本上陸

2022年2月10日(木)から13日(日)まで、千葉県・幕張メッセで開催されている「ジャパンキャンピングカーショー2022」において、FCAジャパンは「DUCATO(デュカト)」をキャンピングカーのベース車両として正式導入し、新たにデュカト専用の販売ネットワークを構築するとアナウンスしました。

フィアット・デュカト
正式導入がアナウンスされた2022年モデルのフィアット・デュカト

実は、同社によるデュカトの披露は今回が初めてではありません。2017年の同ショーで初出展し、話題を集めています。2017年は参考出品ということでしたので、5年越しでの正式導入となります。

販売ネットワークは、車両架装を専門とする法人(キャンピングビルダー)をはじめ、既存のFCAジャパン、グループPSAジャパンの正規ディーラーなどを主な候補として、全国から幅広く募集するとしています。

デリバリー開始は、2022年下半期が予定されています。

フィアット・デュカト
フィアット・デュカトの室内スペース

FCAジャパンは、日本の商用車市場にフィアット プロフェッショナル・デュカトを導入することで、新しいビジネスを展開することになります。

デュカトの販売方法は、主に正規ディーラーから架装業者などへのB-to-B(法人間取引)を想定しているそう。FCAジャパンは、既存のディーラーネットワークだけでなく、主に全国のキャンピングカービルダー各社など、広くビジネスパートナーとして提携し、正規販売店ネットワークを構築する予定です。

フィアット・デュカト
フィアット・デュカトのスライドドア

フィアット・デュカトのキャンピングカーは、輸入モデルでは定番といえる地位を占めています。憧れの存在という方もいるでしょう。

今までは、並行で架装モデルを輸入するというビジネスモデルが主流でしたが、日本オリジナルのモデルが今後、登場することになります(そうなるはず)。

ボディタイプは標準仕様をはじめ、ロングホイールベース版、ロングホイールベース/ハイルーフ仕様となる3タイプ。

「L2H2」と「L3H2」の室内高は1932mm、「L3H3」の室内高は2172mmに達しています。3モデルともに、レジャー用レイアウト、商用利用のための効率的ウォークスルーレイアウトの両方に対応。

フィアット・デュカト
リヤ側から見た室内スペース

最大積載重量は「L2H2(ホイールベース:3450mm)」が1645kg、「L3H2」「L3H3(ホイールベース:4035mm)」が1540kgです。広い開口部を備えたスライディング式サイドドアと横開き式のリヤドアにより、荷物も容易に積載できます。

日本に導入される2022年モデルは、最高出力180hp・最大トルク450Nmを発生する2184ccの「MULTIJET3(マルチジェット3)」ディーゼルエンジンを搭載。スムーズな変速フィールが特徴の9速ATが組み合わされます。駆動方式はFFです。

フィアット・デュカト
フィアット・デュカトのエクステリア

この2022年モデルは、大型フロントグリルや新しいスキッドプレート、イタリアのアテッサ工場で製造されたことを示す象徴的なフィアットのエンブレムなどが用意されています。

高性能なフルLEDテクノロジーによる新しいヘッドライトは、3つに分割されていて、下部のヘッドライトはLEDライトガイドとして機能。従来型のハロゲンライトと比較すると30%以上明るくなっています。

上部にはウインカーが配置され、ダイナミック・インジケーター付LEDライトによって一新され、乗用車において人気のあるデザイン要素が商用車にも初搭載されています。

フィアット・デュカト
日本仕様は右ハンドルになる

ボディカラーは標準ソリッドカラー1色に加えて、特注ソリッドカラー2色、メタリックカラー3色から選択できます。

●ボディサイズ/室内スペース
• L2H2:全長5413×全幅2050×全高2524mm、ホイールベース3450mm、室内スペース11.5立方メートル
• L3H2:全長5998×全幅2050×全高2524mm、ホイールベース4035mm、室内スペース13立方メートル
• L3H3:全長5998×全幅2050×全高2764mm、ホイールベース4035mm、室内スペース15立方メートル

●価格(未架装のメーカー希望小売価格)
469万円〜

(文:塚田 勝弘/写真:塚田 勝弘、FCAジャパン)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。