これがホンダ フリード次期型だ!最高出力110psの「e:HEV」2モーターを搭載

■Aピラーを若干傾斜させたワンモーションスタイルを採用

ホンダが販売する主力コンパクト・ミニバン、「フリード」次期型に関する情報を入手、それを元に予想CGを製作しました。

ホンダ フリード_003
ホンダ フリード 次期型 予想CG

自由の「Free」と、行動するの「Do」を合わせた造語から発想を得た初代フリードは、「モビリオ」後継モデルとして2008年に登場。

日本にジャストしたボディサイズながら、ゆとりある居住空有間を実現しました。現行型となる2代目は2016年から発売されており、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

ホンダ フリード_002
ホンダ フリード 現行型

次期型デザインは、Aピラーを若干傾斜させたワンモーションスタイルを採用し、サイドにはウインドウを大きく見せる上部ラインを配置。

フロントには大胆に車幅いっぱいに通したブルーLEDが装備される可能性があります。グリルはヴェゼル譲りのシンプルさですが、アンダーグリルは左右デュフューザーに一体化させた迫力あるデザインが予想されます。

市販型では2列シートのフリードと、3列シートのフリードプラスを継続して設定、フリードプラスでは最大7人まで乗員可能です。

パワートレインは、1.5リットル直列4気筒エンジン、および最高出力98psを発揮する1.5リットル直列4気筒+最高出力110psを発揮する「e:HEV」2モーターを搭載、先代のi-DCDから進化することが目玉となります。

ホンダ フリード_004
ホンダ フリード 次期型 予想CG

新型では、Honda CONNECT搭載、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応します。またHonda Sensingが標準装備、フロントワイドビューカメラには8ソナーセンサーが組み合わされ安全性が格段に向上すると思われます。

フリード新型のワールドプレミアは2022年内、発売は2023年と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?