カワサキのスーパースポーツ「ニンジャZX-25R SE」と冒険ツアラー「ヴェルシスX250ツアラー」に2022年新色が登場!

■ニンジャZX-25R SEはマットブルーでより精悍に

カワサキは、同社250ccモデルの2機種、スーパースポーツ「ニンジャZX-25R SE」と、アドベンチャースタイルのツーリングモデル「ヴェルシスX250ツアラー」に、それぞれ2022年ニューカラーを導入することを発表。

カワサキのニンジャZX-25R SEとヴェルシスX250ツアラーに2022年新色
新色を採用したニンジャZX-25R SEの右サイドビュー

ニンジャZX-25R SEには、2022年モデルで設定されている2色に加え、新しくツヤ消しブルーをメインにした新色を追加。ヴェルシスX250ツアラーには、緑黒と青白の新色2タイプを設定し、それぞれ2022年2月1日に発売されます。

●ニンジャZX-25R SE

ニンジャZX-25R SEは、現在販売されているフルカウルの250ccスーパースポーツで唯一、4気筒エンジンを搭載するニンジャZX-25Rの上級バージョンです。

最高出力45psを発揮する249cc・水冷4ストローク並列4気筒エンジンを、高剛性のトレリスフレームに搭載。1万7000rpm以上の高回転域が楽しめるエンジン特性と官能的なエキゾーストサウンドなどで、スポーティな乗り味が満喫できるマシンです。

カワサキのニンジャZX-25R SEとヴェルシスX250ツアラーに2022年新色
ニンジャZX-25R/SEのフレーム

また、アグレッシブな「Ninjaスタイリング」、3つのパワーモードが選べる「KTRC(カワサキトラクションコントロール)」など、数多くのライダーサポートシステムを装備。街乗りでの快適性はもちろん、ワインディングやサーキット走行での高い走行性能も実現します。

加えて、上級グレードのSEには、レーシングマシンなどにも採用される「オートブリッパー付きKQS(カワサキクイックシフター)」も標準装備。

この機構は、クラッチ操作なしでシフトのアップ/ダウンができるほか、シフトダウン時には自動でエンジン回転も合わせてくれる優れモノで、コーナー進入時などでライダーの操作を軽減してくれます。

カワサキのニンジャZX-25R SEとヴェルシスX250ツアラーに2022年新色
ニンジャZX-25R SE KRTエディション

そのニンジャZX-25R SEに今回追加されたカラーは、「メタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー」。マットブルーを基調としたカラーを採用することで、より精悍なイメージを演出します。

なお、従来から設定がある黒金の「メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック」や、カワサキがレース参戦するワークスカラーを彷彿とさせるニンジャZX-25R SE KRTエディションに採用されている「ライムグリーン×エボニー」も継続販売。

いずれのカラーも、価格(税込)は93万5000円です。

●ヴェルシスX250ツアラー

一方、ヴェルシスX250ツアラーは、アドベンチャースタイルのツーリングモデル。オンロードをはじめ、オフロードでも高い走破性を持たせることで、どんな道でも快適に走れるマルチパーパスなバイクです。

カワサキのニンジャZX-25R SEとヴェルシスX250ツアラーに2022年新色
カワサキ・ヴェルシスX250ツアラー

最高出力33psを発揮するエンジンは、248cc・水冷4ストローク並列2気筒を採用。スムーズなパワー特性と低回転域での粘り強さが魅力です。

また、ロングストロークのフロントサスペンションとリンク式リヤサスペンションを採用。軽量な車体と組み合わせることで、様々な路面状況で高い安定性を実現します。

カワサキのニンジャZX-25R SEとヴェルシスX250ツアラーに2022年新色
ヴェルシスX250ツアラーのメタリックオーシャンブルー×パールロボティックホワイト

さらに、パニアケースやエンジンガードなど、数多くのアクセサリーも標準装備。日常使いからツーリングまで、幅広いシーンで高い利便性も誇ります。

今回採用された新色は、カワサキらしさ満点の「キャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラック」と、鮮烈なイメージの「メタリックオーシャンブルー×パールロボティックホワイト」の2色。

いずれも、価格(税込)は72万6000円です。

(文:平塚 直樹

この記事の著者

平塚 直樹

平塚 直樹 近影
自動車系の出版社3社を渡り歩き、流れ流れて今に至る「漂流」系フリーライター。実は、クリッカー運営母体の三栄にも在籍経験があり、10年前のクリッカー「創刊」時は、ちょっとエロい(?)カスタムカー雑誌の編集長をやっておりました。現在は、WEBメディアをメインに紙媒体を少々、クルマ選びやお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジーなどを中心に執筆しています。元々好きなバイクや最近気になるドローンなどにも進出中!