ついに発表か!? 究極のVWゴルフGTI「TCR」のティザーイメージが公開

■2L直4DOHCインタークーラー付ターボエンジンから300psを発揮

フォルクスワーゲン(VW)は、主力モデル「ゴルフMk8」の高性能モデル「ゴルフGTI」を2022年1月7日に発売したばかりですが、さらなるハードコアモデル「ゴルフGTI TCR」を示唆するティザーイメージを世界初公開しました。

VW ゴルフGTI_003
VW ゴルフGTI TCR 開発車両

公式Facebookに投稿された画像には「NFT(特別に速いトランスポーター)を発売します。それは2022年2月に登場します」というメッセージが添えられています。

そこには8代目ゴルフのシルエットが確認できますが、後部にはアグレッシブなルーフスポイラーが装着されており、ハードコアモデルであることは一目瞭然です。

VW ゴルフGTI_006
VW ゴルフGTI TCR 開発車両

GTI TCRは「GTI」と「R」の間を埋めるモデル。

GTIでは2.0リットル直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン「EA888型」を搭載、最高出力245ps・最大トルク370Nmを発揮します。またRでは同エンジンをチューン、最高出310ps・最大トルク400Nmへと引き上げられています。

一方で、GTI TCRは中間となる290ps~300psを発揮すると予想されます。

過去に捉えたプロトタイプでは、ボディをローダウン。アグレッシブなフロントバンパー、ロープロファイルタイヤ、大型のフロントブレーキバッケージ、クロスドリルブレーキディスク、大径チタンデュアルエキゾーストパイプを装備。またベースモデルGTIスポイラーの上に取り付けられた追加の大型リアスポイラーが目を引きます。

今回投稿されたティザーイメージがGTI TCRという確証は現段階ではなく、今後追加される新たなティザーイメージではっきりするはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?