街乗りから週末ライドまで使えるスポーツ電動アシスト自転車「CROSSCORE RC」がヤマハ発動機から新登場

■油圧ディスクブレーキや外装9段変速の「SHIMANO ALIVIO」を搭載

ヤマハ発動機は、e-Bikeの「YPJシリーズ」を展開しています。

同シリーズの新モデル「WABASH RT(ワバッシュ アールティー)」「CROSSCORE RC(クロスコア アールシー)」2モデルを2022年3月10日に発売します。

ヤマハ発動機 クロスコア アールシー
「CROSSCORE RC」のスタイリング

ここでピックアップする「CROSSCORE RC」は、健康志向に応え、週末に自転車ライドを楽しむ人に向けたスポーツ電動アシスト自転車。

街乗りから河川敷などの郊外のロングライドに対応し、サスペンションには街中での走行を快適にする「SR SUNTOUR NEX-E25」のサスペンションフォークが採用されています。

ヤマハ発動機 クロスコア アールシー
「CROSSCORE RC」の家

これにより路面の凹凸などの衝撃を吸収。タイヤは、27.5×2.0のワイド&セミスリックで、舗装路での安定感のある快適な乗り心地を実現しています。

ヤマハ発動機 クロスコア アールシー
エアボリュームのあるワイドタイヤでも快適な走行性を備える

エアボリュームのあるワイドタイヤでありながら、転がり抵抗が良く、街中での高いクッション性とグリップ性を発揮するのも美点です。

ヤマハ発動機 クロスコア アールシー
油圧式ディスクブレーキ、「SR SUNTOUR NEX-E25」のサスペンションフォークを採用

ブレーキは、油圧式ディスクブレーキの「SHIMANO BR-MT200」で、軽い力で確かな制動力を発揮。ディスクローター径は、前がΦ180mm、後がΦ160mm。

ヤマハ発動機 クロスコア アールシー
外装9段変速の「SHIMANO ALIVIO」を採用

さらに、外装9段変速の「SHIMANO ALIVIO」の採用により、道路の起伏や路面状況などを問わず、快適な走りに寄与します。

乗車姿勢はアップライトなポジションで、日常使いから週末の自転車ライドまで、ゆったりと走れます。

ヤマハ発動機 クロスコア アールシー
バッテリー供給タイプの「LEDランプ」を備える

そのほか、コンパクトサイズながら安定した明るさを実現するバッテリー供給タイプのLEDランプ、日常使いで役立つサイドスタンドを標準装備し、日常使いで重宝する実用装備も用意されています。

ヤマハ発動機 クロスコア アールシー
サイドスタンド付で日常使いに配慮

なお、ドライブユニットは「WABASH RT」と同様に「PWseries ST」で、「YPJシリーズ」では初採用になります。

エントリーユーザーから経験豊富なライダーまで、オンロード、オフロードを問わず上質なアシストを提供するのが特徴です。

「アシストモード」は、5つから選択可能です。ライディングに集中できる「Automatic Assist(オートマチック アシスト)」モードは、走行状況やライダーの要求に対して、「HIGH」「STD」「ECO」の3つのアシストモードから自動で選択し、状況に応じた最適なアシストを引き出せる優れモノ。

搭載されるバッテリーは、500Whクラス36V/13.1Ahの大容量バッテリーで、一充電あたりの走行距離は、Automatic Assistモード時で96kmとなっています。

充電時間は、家庭用100Vコンセントで残量がほぼない状態から約3.5時間でフル充電になります。

●「CROSSCORE RC」価格:31万7900円

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。