モチーフは初代S30の「432」。新型Zを日産自身が速攻カスタマイズ【東京オートサロン2022】

■新型フェアレディZをさっそくカスタマイズ。参考出品だけど、もしかすると…

東京オートサロン2022で注目を浴びた自動車メーカーのひとつが日産自動車

なぜかって? 会場で新型フェアレディZの新型を公開したからに決まっているじゃないですか。

Zカスタマイズコンセプトのフロント

これまで公開されていたのはあくまで「プロトタイプ」でしたが、オートサロン会場で公開されたのは正真正銘の日本仕様市販モデルです。

しかし、ステージの上に置かれていたのは”ノーマルの新型Z”だけではありません。

さりげなく……ではなくかなり明確にモデファイされた「CUSTOMIZED PROTO(カスタマイズプロト)」と呼ぶモデルがそれです。

オーバーフェンダーが素敵なZカスタマイズドコンセプト

オレンジが映えるボディのモチーフになっているのは初代フェアレディZの高性能仕様「432R」。

立体感の増したフロントバンパーをはじめ、オーバーフェンダー、大型リヤスポイラー、そしてバナナスポーク風のアルミホイール。

さらに縦デュアルを現代風にアレンジしたテールパイプ。すべてが懐かしくもモダンなデザインです。

大きめのリヤスポイラーを装着

もちろんボディカラーもZ432からのインスピレーション。

エンジンフードはZ432のパワーバルジをモチーフにしたブラックの塗り分けが入り、ルーフやリヤゲート、ドアミラー、そしてリヤスポイラーの後部もブラックとしています。

なかなかいい雰囲気ですね。ノスタルジックな新型Zとしてかなりグッときます。

エンジンフードのパワーバルジを塗分けで表現

あくまで参考出品とされているこの「カスタマイズド プロト」ですが、見た感じの感覚でいえば過度な突起などはなく、ベース車との寸法の違いもほとんどなさそうなので法律的な基準はクリアできそうな印象。

特別仕様の限定車、もしくは純正オプション扱いのエアロキットとか、もしくは架装したカスタマイズカー扱いでもいいので販売してくれないかな……と期待せずにいられないのはきっとボクだけではないでしょう。

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。