名門スパイカー復活へ!高級SUVなど一挙3台投入

■「B6 Venator」「C8 Preliator」、そして「D12Peking-to-Paris」を市販化

オランダを拠点とする高級スーパーカーメーカー「Spyker(スパイカー)」が2022年に復活、年内に3台の新型モデルを市場に投入する可能性が高いことがわかりました。

スパイカー B6 Venator_001
スパイカー B6 Venator

スパイカーは、1880年から1925年まで存在した自動車メーカー。「スパイカー」を引き継ぐ形で1997年に復活を果たすも、2014年に再び経営破綻。

4〜5年前くらいから新型モデル投入の噂もありましたが、2021年の段階で実現していない状況でした。

スパイカー D8
スパイカー D8 Peking to Paris

しかし2021年12月20日、ミハイル・ペシス氏とボリス・ローテンバーグ氏が率いる投資家グループが再生をもくろみ、新会社を設立。

「B6 Venator」「C8 Preliator」「D12Peking-to-Paris」の3台を市場に投入すると付け加えられていますが、不思議なことに同社の公式ホームページには発表されていません。

さらにプレスリリースでは、ビクター・ミュラー氏が新会社CEOとなり、投資家グループが自社の施設でいわゆるBR構成(おそらくローテンバーグのRBエンジニアリングにちなんで名付けられたもの)のリベット採用スパイカーを数台開発、生産しているといいます。

曖昧な部分もありますが、将来のスパイカー新型モデルはロシアで製造され、エンジニアリングはロシアとドイツで分割されるといいます。

最終組立はオランダの新しい製造施設で行われ、できるだけ多くの元従業員を再雇用する予定だそうです。さらにフランス・コートダジュールだけでなく、ベルギー、フランス、ルクセンブルクの国境付近にもサービスセンターを設立する計画もあるようです。

新型モデルとなる「B6 Venator」は、2013年のジュネーブモーターショーで公開されたミッドマウントの後輪駆動モデルで、V6エンジンを搭載し最高出力は380psを発揮しました。

「C8 Preliator」は、破綻したにもかかわらず2016年のニューヨークモーターショーで発表。パワートレインには、アウディ製4.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンをミッドシップに搭載し、最高出力525ps・最大トルク600Nmを発揮。

「D12Peking-to-Paris」は2006年、高級クロスオーバーSUVとして開発、アウディ製W12型エンジンを搭載し発売する予定でしたが、実現することはありませんでした。

いよいよスパイカー復活が現実味を帯びてきたようですが、果たして新型モデル発売の夢は叶うのか、注目されます。

(APOLLO)