最新デザイトレンドを採用したフォード3列7人乗りSUV「エベレスト」次期型をキャッチ

■フロントにはコの字型LEDデイタイムランニングライト、リアには逆L字型テールライト装備

フォードは3列7人乗りクロスオーバーSUV、「エベレスト/レンジャー」次期型のティザーイメージを公開したばかりですが、その最終デザインを予想するCGを入手しました。

フォード エベレスト_013
フォード エベレスト 次期型 予想CG
フォード エベレスト_012
フォード エベレスト 次期型 予想CG

初代エベレストは、マツダ「Bシリーズ/フォード レンジャー」をベースとして2003年にデビュー。

現行型となる第3世代は2015年から発売されていますが、すでにベースとなるピックアップトラック、「レンジャー」は第4世代が登場しており、そのSUVバージョンとして登場が期待されています。

フォード エベレスト_009
フォード エベレスト 次期型 プロトタイプ

おなじみロシアのカーメディア「KORESA.RU」に協力を得た予想CGは、ヘッドライトユニットを囲むようにコの字型LEDデイタイムランニングライトを配置。

グリルには力強い2本のバーが備えられるなど、北米仕様の「F-150」やレンジャー同様のデザインが見てとれます。

後部では直立ぎみのDピラー/リアウィンドウ、逆L字型テールライトを装備するなど、レンジャーとは差別化された専用デザインが確認できます。

レンジャー新型のパワートレインは、2.0リットルシングルターボまたはツインターボEcoBlueディーゼルエンジン、2.3リットルEcoBoostガソリンエンジン、新開発の強力な3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルエンジンをラインアップしています。一部では、VW製の直列6気筒も噂されていたエベレストですが、見送りとなりそうです。

エベレスト新型のワールドプレミアは、2022年の第1四半期と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?