ポルシェ マカンのフロントフェイスが大変身。コックピットも鮮明にスクープ!

■上部に4点LED、メインのロービームとハイビームはバンパーに配置

ポルシェが現在開発中のエントリー・クロスオーバーSUV「マカン」次期型と併売される「マカンEV」最新プロトタイプをカメラが捉えると同時に、最終市販デザインと思われるコックピットの撮影にも成功しました。

ポルシェ マカンEV_011
ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ

マカンEV市販型は、ポルシェとアウディが共同開発したEV専用「PPE」(Premium Platform Electric)アーキテクチャを採用、今後アウディ「Q6 e-tron」や「A6 e-tron」にも流用される予定です。

豪雪のスカンジナビアで捉えたプロトタイプは、カモフラージュがかなり厳重にほどこされています。

ポルシェ マカンEV_013
ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ

しかし最新スパイショットのいくつかに、マカンEVがフレームレスウィンドウを採用していることがわかる画像があります。

またポルシェ独自の4点LEDは、デイタイムランニングライトとターンシグナルとして機能、メインのロービームとハイビームはバンパーに配置さているように見えます。

後部ではLEDライトバーがあるテールゲート内で、アクティブスポイラーが作動している様子もうかがえます。3番目のブレーキライトがテールライトまで伸びていませんが、これは偽装で、最終的には左右ライトをつなぐことになるはずです。

ポルシェ マカンEV_009
ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ

今回、プロトタイプが不明な理由で充電ステーションで故障、ドライバーが離れた間に捉えたキャビン内では、はじえて最終デザインと思われる楕円形のデジタルインストルメントクラスターが鮮明に写っています。

またドライバー近くに配置された大型インフォテイメントタッチスクリーン、ポルシェのクラシックな3スポークステアリングホイールも確認できます。

マカンEVの仕様の詳細は明かされていませんが800V技術を特徴とする2つのバッテリー容量が設定され、エントリーモデルは後輪駆動レイアウトで、シングル電気モーターを搭載。

高出力のフラッグシップ「ターボS」では、AWDが採用され、フロントモーターが追加されます。またタイカンと比較して航続が大幅に向上すると見られています。

ポルシェ マカンEV_008
ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ

フルエレクトリックのマカンは2022年内に発表され、年末には生産が開始される予定です。2014年から導入され、2018年と2021年に改良された現行ICE搭載モデルは、排ガス規制のためにおそらく2024年に生産終了予定ですが、今後数年間はEVと併売されることになります。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?