トヨタよ本当の勝負だ!ポルシェ6年振りル・マン復帰へ。ハイパーカーを予告

■通算19回優勝の王者、2023年ル・マン復帰! 4連覇中トヨタへ最強のライバル

ポルシェは2023年からル・マン24時間レースに復帰しますが、参戦する新型ハイパーカーのティザーイメージを世界初公開しました。

ポルシェ ハイパーカー_006
ポルシェ ル・マン参戦ハイパーカー ティザーイメージ

1923年から継がれるル・マン24時間レースにおいて、ポルシェの優勝回数はアウディの13回を上回る19回と圧倒的な王者となっています。

しかし、フォルクスワーゲン(VW)のディーゼルゲートスキャンダル(排ガス測定不正事件)の影響から、2017年シーズンでル・マン24時間レース撤退を余儀なくされました。

ポルシェ ハイパーカー_005
ポルシェ ル・マン参戦ハイパーカー ティザーイメージ

そして翌年2018年にトヨタが悲願の初優勝を成し遂げると、2021年シーズンまで4連覇を達成、ついにトヨタ vs ポルシェの最終対決が実現します。

参戦するのは2021年に設定されたLMハイパーカークラスではなく、LMDhクラス。

このクラスの参加チームは、ダラーラ、マルチマティック、リジェ、オレカなどの承認されたサプライヤーから、レースカーのシャーシなどを購入。スポンサーチームが内燃エンジン、ボディ、ハイブリッドシステムなど重要なコンポーネントを提供することにより、参加チームは駆動系とエアロテクノロジーを開発しながらコストを抑えることができます。

ポルシェ・モータースポーツのマネージングディレクターである、トーマス・ラウデンバッハによると、「パートナーのペンスキーと協力して、新しいLMDhプロトタイプの開発に取り組んでいるほか、シャーシメーカーのマルチマティックと常に緊密に取り組んでおり、2023年のコンペティションデビューに向けて、最適な準備ができています」と述べています。

2023年には、アウディも24時間レースに復帰する予定で、トヨタ、アウディ、そしてポルシェと壮絶なレースが楽しめそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?