インフィニティの電動化スケジュールが発表。2030年までに15モデルのEV投入へ!

■2026年までに「e-POWER」搭載モデルなど全20車種導入も

日産が海外で展開する高級ブランド「INFINITI」(インフィニティ)は、2030年までの販売戦略「Nissan Ambition 2030」を発表しました。

インフィニティ ティザーイメージ_001
インフィニティ ティザーイメージ

それによると、2030年までに15車種のEVを市場に投入、また2026年までに「e-POWER」搭載モデルなど全20車種を導入し、日本市場においては電動モデルが50%以上を占める予定だといいます。

インフィニティ ティザーイメージ_002
インフィニティ ティザーイメージ

公開されたティザーイメージは3台の新型モデルで、車高の低い4ドアクーペ、2ドアクーペ、クロスオーバーSUVらしきシルエットが確認できます。

3モデルともリヤエンドにLEDストリップライトを装備、うち1台のティザーイメージでは、フロントエンドに電動モデルらしいLEDライト、それをつなぐライトシグネチャー、ブランドロゴのライトが光っています。

インフィニティを含め、多くのブランドはフルエレクトリック化に向けて加速しており、2020年代終わりには、内燃機関モデルはニッチセグメントとなっているかもしれません。

(APOLLO)