アウディ初の「RSトルクスプリッター」を備えた、新型Audi RS 3 Sportback、Audi RS 3 Sedanを2022年4月下旬に発売

■導入記念モデルの「Audi RS 3 Sportback 1st edition」は、50台限定の抽選オンライン販売

2021年4月に発売された4代目アウディA3に続き、ハイパフォーマンスモデルの「Audi RS 3 Sportback」、プレミアムコンパクトセダン「Audi RS 3 Sedan」が2022年4月下旬に発売されます。搭載されるエンジンは、名機として知られる2.5Lの直列5気筒エンジン。

新型アウディRS3
富士スピードウェイ(スーパーGT第8戦)で発表された新型アウディRS3

9年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」部門賞を受賞しているオールアルミ製TFSIガソリン直噴ターボは、最高出力400PS、最大トルク500Nmを誇り、先代よりも20Nmの増強が図られています。

アウディRS3スポーツバック
新型Audi RS 3 Sportbackのリヤビュー

これに7速Sトロニックトランスミッション(デュアルクラッチトランスミッション)とquattroシステムが組み合わされています。

RS 3のquattroシステムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチを採用。前後アクスルにトルクを可変配分することで、400PS/500Nmというハイパワー、分厚いトルクを確実に路面へ伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現しているそうです。なお、0-100km/hの加速タイムは3.8秒。

新型アウディRS3
新型アウディRS3の走行シーン

車両開発のメイン舞台であるニュルブルクリンク北コースのラップレコードは、コンパクトクラス最速の7分40秒748を記録しています(2021年9月11日現在)。

さらに、新型のトピックスは、アウディ初となるquattroシステムの「RSトルクスプリッター」の搭載です。リヤアクスルに組み合わされるこの新しい技術は、左右の後輪間で駆動トルクを完全に可変配分することができます。

各ドライブシャフトは、電子制御式の湿式多板クラッチを備え、走りに応じてコーナー外側の後輪のトルクを増加させます。コーナリング中はリヤの外輪により多くのトルクを配分することで、アンダーステアを解消することができるそう。一方、直進時には、リヤの左右ホイールに均等にトルクを配分します。

アウディRS3
新型アウディRS3のインパネ

巡航時は、リヤの2つのクラッチを開放することで、フロントアクスルのみにトルクを伝え、燃料消費を低減に貢献。また、「アウディ ドライブセレクト」には、従来の「コンフォート」「オート」「ダイナミック」「インディビジュアル」「エフィシェンシー」に加えて、RSトルクスプリッターの採用により、リヤアクスルに配分されるトルクをリヤ外輪に100%配分し、ドリフトを容易にする「RS トルクリヤ」が備わります。

加えて、セミスリックタイヤに対応しサーキット走行に適した「RS パフォーマンス」も追加されています。「RS パフォーマンス」は、トルクスプリッターがアンダーステアやオーバーステアを最小限に抑制する特性になります。これにより、狙ったラインを外すことなく、ダイナミックでスポーティな走りを実現するそうです。

足まわりでは「RSスポーツサスペンション」が標準装備されます。RS 3専用に新開発されたショックアブソーバーとバルブシステムを装着。このバルブシステムにより、ダンパーは、伸び側、縮み側ともに従来型以上に良好なレスポンスを提供するそう。

アウディRS3
新型アウディR3スポーツバックのエクステリア

さらに、オプションで「RSダンピングコントロールサスペンション」を設定。このシステムは、走りや「アウディドライブセレクト」で選択されたモードに合わせて、4つのダンパーを連続的かつ個別に調整することで、従来以上に幅広い可変幅を備え、快適性やスポーツ性を高次元でバランスさせます。

今回発表された新型「RS 3」は、2017年以来の4年ぶりのフルモデルチェンジ。新型RS 3は、日常使いにも適したプレミアムスポーツカーとしてだけでなく、公道でもサーキットでも高いレベルの走りをもたらすという意欲作です。

購入を考えているなら見逃せないのが導入記念モデルです。新型「RS 3」の導入を記念し、50台の限定モデルの「RS 3 Sportback 1st edition」を、アウディジャパン初のオンラインのみで予約販売を受け付けています。同限定モデルは、「RS 3 Sportback」がベース。

アウディRS3
新型「Audi RS 3 Sedan」のスタイリング

エクステリアに、「マトリクスLEDヘッドライトダイナミックターンインディケーター(フロント/リヤ)」「ブラックスタイリングパッケージ」「カラードブレーキキャリパーレッド」「パノラマサンルーフ」「プライバシーガラス」「カーボンエンジンカバー」を装備。

インテリアには、「アクセントサーフェスマットカーボンアトラス」「ファインナッパレザー ハニカムステッチング」「ドライバーズシート/エクステリアミラーメモリー」機能、リヤシート用USB、「Bang&Olufsen 3Dサウンドシステム」が用意されています。

アウディRS3
新型アウディRS3の内装。日本仕様は右ハンドルのみになる

さらに、「RSスポーツエキゾーストシステム」「RSダンピングコントロールサスペンション」といった機能装備に加えて、特別装備として、「5スポークYデザインブラックグラフィックプリント19インチホイール」「RSデザインパッケージ エクステンデッドレッド」、3ゾーン式オートエアコンを備え、ボディカラーは、カタログモデルに設定のないメタリックカラーの「ケモラグレー」がペイントされています。

50台限定のローンチエディションのオンライン限定予約は、11月27日から12月13日(月)10時までの期間中、アウディジャパン公式ウェブサイトで受付、抽選により予約の権利を持つ方を決定。最初の抽選は、12月15日(水)に行われ、当選者にはEメールで案内されます。

●価格
Audi RS 3 Sportback:799万円
Audi RS 3 Sedan:818万円
Audi RS 3 Sportback 1st edition:907万円

塚田勝弘

【関連リンク】

Audi RS 3 Sportback 1st edition
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/special_offer/limited_edition/rs3_sportback_1st_edition.html