メルセデス・ベンツ GLCのトップモデル AMG「63」に、さらなるスペシャルモデルが設定?

■「C63」同様に2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載

メルセデス・ベンツの主力クロスオーバーSUV「GLC」の最強モデルであるAMG「GLC 63」次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG GLC_001
メルセデス AMG GLC63 次期型プロトタイプ

初代となる現行型GLCは2016年に発売、AMG GLC 63は2018年に設定されており、かなり早い段階での世代交代となりそうです。

メルセデス AMG GLC_003
メルセデス AMG GLC63 次期型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、偽装の下にパナメリカーナグリルを装備、フロントバンパーには巨大エアインテークの輪郭がうっすらと見えています。

リアエンドでは、アグレッシブなディフューザーや、スポーツチューンサスペンションを備えているように見えるほか、ベンチレーテッドディスクと、カラーキャリパーを備えた高性能ブレーキシステムによりバックアップされた、軽量ホイールが確認できます。

また先日捉えた弟分「GLC 43」が円形クワッドエキゾーストパイプを備えているのに対し、63ではスクエアデザインで差別化されています。

内部では、Cクラス新型とレイアウトを共有するとみられ、自立型の12.3インチデジタルインストルメントクラスターと、センターコンソールに立ち上がる11.9インチのインフォテインメントシステムが装備されると予想されます。

パワートレインは「C63」と同様に4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンに置き換えられます。しかし、最高出力204ps・最大トルク320Nmを発揮するリアマウント電気モーターと6.1kWhバッテリーパックを組み合わせることにより、最高出力は過去最高の653psを発揮すると予想され、9速ATが標準装備されます。また「Black Series」のようなスペシャルモデルも噂されています。

ベースモデルとなるGLC次期型は2022年内の登場が期待されており、AMGバージョンは2023年以降となると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?