ランエボがSUVで復活!?「アウトランダー EVO」は来るか?これが予想デザインだ

■ボディをローダウン、ボンネットフードにはエアスクープを装備

三菱自動車は10月、人気クロスオーバーSUV・新型「アウトランダー」を正式発表しましたが、そのハードコアモデルとなる「アウトランダー エボリューション」を大予想しました。

三菱 アウトランダー EVO_002
三菱 アウトランダー EVO 予想CG

アウトランダーは「エアトレック」後継車として初代が2005年にデビュー。プジョーやシトロエンにOEM供給していました。その後何度かの改良が行われ、2012年には2代目が発売。

2013年には世界初の4WDプラグインハイブリッドSUVとなる「アウトランダーPHEV」が誕生しました。

次期型は初代から数えれば第3世代、PHEVとしては第2世代へのフルモデルチェンジとなり、新型でもPHEVのみ設定となっています。

三菱 アウトランダー_001
三菱 アウトランダー PHEV 新型

EVO予想CGを提供してくれたのは、お馴染みロシアの自動車情報サイト「KORESA.RU」です。

ボディは若干ローダウンし、メッキグリルをブラック加工に、ボンネットフードにはエアスクープを装備しているほか、フロントバンパーのワイドエアインテークはさらに拡大されハニカムメッシュに新設計されています。

フロントフェンダー後部にはエアアウトレットを追加、リヤエンドではデュアルエキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザーを装備、リアゲートには「EVOLUTION」のバッジが確認できます。

三菱 アウトランダー EVO_001
三菱 アウトランダー EVO 予想CG

新型パワートレインは、2.4リットル直列4気筒+デュアル電気モーターを搭載、バッテリー出力は約40%向上しています。スペックはフロントが60kW/137Nmから85kW/255Nmに、リアは70kW/137Nmから100kW/195Nmと大幅に向上しています。

EVOではさらにパワーアップやサスペンションの調整が見込まれ、伝説の「ランエボ」の血を継承するハードコアSUVの誕生が期待できるでしょう。

(APOLLO)