メルセデス新型EVサルーン・AMG EQE、これがトップモデルの「EQE 63」か?

■アグレッシブなフロントスカートやAMG塗装されたブレーキキャリパーを装備

メルセデス・ベンツが開発中のハードコアEVセダン、「AMG EQE」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG EQE_001
メルセデス AMG EQE 市販型プロトタイプ

同ブランドは「IAAモビリティ2021」にて、EQシリーズのフラッグシップセダン「AMG EQS 53」を発表しましたが、EQEにもAMGを設定、パフォーマンスモデルのラインアップ充実を図ります。

メルセデス AMG EQE_004
メルセデス AMG EQE 市販型プロトタイプ

昨2020年11月には、「EUPIO」(欧州連合知的財産庁)へ「EQE 43」「EQE 53」「EQE 63」を登録していることが判明。AMG EQEはこれが初代のため、各グレードの特徴が不明で、今回捉えたプロトタイプがどれかを判断することは困難です。

しかし、多くの視覚的な変更がみられることからも最上級「EQE 63」である可能性がありそうです。

メルセデス AMG EQE_006
メルセデス AMG EQE 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、フロントグリルを完全にカモフラージュしており、専用のデザインが与えられる可能性もあるでしょう。

またベースモデルよりアグレッシブなエアインテーク、フロントスカート、AMG塗装されたブレーキキャリパーを装備しているほか、ディフューザーを内蔵した後部バンパーにはエアアウトレットを配置、大型化されたトランクリッドとスポイラーがカモフラージュされています。

AMG EQE市販型では、両方の車軸にAMGチューンの電気モーター、アダプティブエアサスペンションのセットアップ、セラミックブレーキなどを装備する可能性があると思われます。

先に公開された兄貴分「AMG EQS 53」のデュアルモーターセットアップでは、最高出力658ps、最大トルク950Nmを発揮。オプションの「AMG DynamicPlusパッケージ」をセレクトすれば最高出力は761ps、最大トルクは1020Nmまで高められます。AMG EQEではデチューンされるはずですが、それでもEQE 63では、670ps以上を発揮するはずです。

AMG EQEのデビューは、2022年3月に開催予定のジュネーブモーターショーと予想され、非AMGバージョンと一緒に2022年後半から生産が開始される予定となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?