第7戦もてぎ、GT300はHitotsuyama Audi R8 LMSが今季初優勝!【SUPER GT 2021】

■目まぐるしく順位が入れ替わったGT300クラスの序盤戦

●タイヤ交換本数が勝敗を決めた!?

11月6日(土)、7日(日)に栃木県 ツインリンクもてぎで開催の2021 AUTOBACS SUPER GT第7戦『MOTEGI GT 300km RACE』。さわやかな秋晴れの中、午後1時にフォーメーションラップが開始され、引き続きローリングスタートにより決勝レースが始まります。

スタートラップの様子
スタートラップの様子

GT300クラスの決勝レースは、予選2位でサクセスウェイト75kgの61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTが、ポールポジションの18号車 UPGARAGE NSX GT3をスタートで抜いていきなりトップに浮上。55号車 ARTA NSX GT3、88号車 JLOC ランボルギーニ GT3、21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMSが続きます。

序盤の2位争い
序盤の2位争い

序盤のSUBARU BRZ R&D SPORTの速さはかなりのもので、ほんの数周で2番手のUPGARAGE NSX GT3を置き去りにしていきます。そしてUPGARAGE NSX GT3の背後にはARTA NSX GT3が迫り、序盤はNSX GT3同士の2番手バトルが展開していきます。

しかしそのバトルも6周目でUPGARAGE NSX GT3が白煙を上げて止まってしまうことで、ARTA NSX GT3はさらに前へ進んでいきます。なおUPGARAGE NSX GT3はエンジントラブルによりリタイアとなってしまいます。

LEON PYRAMID AMG
LEON PYRAMID AMG

また9周目に、GT300クラスをラップするGT500マシンと65号車 LEON PYRAMID AMGがヘアピンで接触しコースアウト。これでフルコースイエロー(FCY)が導入されます。

このレースは2度のFCYが導入された
このレースは2度のFCYが導入された

10周目にレース再開となります。そこからすぐの12周目にはARTA NSX GT3がSUBARU BRZ R&D SPORTを抜き去ってトップに浮上。さらに、SUBARU BRZ R&D SPORTの背後にはJLOC ランボルギーニ GT3。そして13周目、今度は後方からポジションを上げてきた4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGと87号車 グランシード ランボルギーニ GT3が接触し、4号車はコースアウトしてストップ。2度目のFCYとなってしまいました。

ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3

レースも中盤に入る29周目にARTA NSX-GTはピットイン。リアタイヤ2本交換でレースに復帰していきます。このタイヤ交換の本数で順位が大きく変動してしまいました。リアタイヤ2本交換を行ったチームは他にJLOC ランボルギーニ GT3、21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMSなどがあります。

Hitotsuyama Audi R8 LMS
Hitotsuyama Audi R8 LMS

タイヤ無交換を行ったのは56号車 リアライズ日産自動車大学校 GT-Rで、この作戦のおかげで全車ピットアウトした段階では予選7番手から3番手にまで順位を上げていました。

タイヤ4本交換を行ったのは、ピットイン時点で2番手のSUBARU BRZ R&D SPORT。しかし、ピットアウトした時点でリアライズ日産自動車大学校 GT-Rの後方となってしまい、順位を下げてしまう結果となりました。

●ノーウェイトの強み? Hitotsuyama Audi R8 LMSが競り勝ってトップへ!

後半のトップ争いは、リア2本交換のARTA NSX-GTとHitotsuyama Audi R8 LMSのバトルとなります。サクセスウェイト45kgのARTA NSX-GTに対して、ノーウェイトのHitotsuyama Audi R8 LMS。ノーウェイトが効いていたのでしょうか?Hitotsuyama Audi R8 LMSが競り勝ってトップに立つと、そのまま差を広げていきます。

Hitotsuyama Audi R8 LMS
Hitotsuyama Audi R8 LMS

その後方3番手争いは、リアライズ日産自動車大学校 GT-Rを先頭にしてSUBARU BRZ R&D SPORT、JLOC ランボルギーニ GT3による接近戦バトルとなります。

リアライズ日産自動車大学校 GT-R
リアライズ日産自動車大学校 GT-R

SUBARU BRZ R&D SPORTは、JLOC ランボルギーニ GT3とのバトル中にスピンを喫してしまいます。すぐに復帰するも、6番手まで後退。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

トップの21号車は、危なげない走りで一番最初にチェッカーフラッグをくぐり抜けます。 Hitotsuyama Audi R8 LMSは2020年の第6戦鈴鹿以来の優勝となります。

Hitotsuyama Audi R8 LMS
優勝のHitotsuyama Audi R8 LMS

なお、今季からフル参戦の篠原拓朗選手は、GT300での初優勝となります。

Hitotsuyama Audi R8 LMSの監督とドライバー
Hitotsuyama Audi R8 LMSの監督とドライバー

2位はARTA NSX GT3。3位争いはリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが表彰台を死守した形となりました。

ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3

この順位によりドライバーランキングのシリーズポイントは1位SUBARU BRZ R&D SPORTの55点、2位リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rの49点、3位ARTA NSX GT3の45点となりました。

GT300の表彰式
GT300の表彰式

次戦はいよいよ最終戦となる富士スピードウェイでの第8戦。ここでチャンピオンが決定するという大一番は11月27日(土)、28日(日)に開催です。

(写真:吉見 幸夫/文:松永 和浩