撮るなよッ! ポルシェ マカン次世代EVモデル、近未来コックピットを激写

■「PASM」(ポルシェ・アクティブ・スタビリティ・マネジメント」を装備

ポルシェは現在、ベストセラー・クロスオーバーSUV「マカン」改良型を開発していますが、次世代型マカンに設定される、EVモデル市販型プロトタイプをスクープするとともに、その内部をカメラが初めて捉えました。

ポルシェ マカンEV_001
ポルシェ マカン 次世代EVモデル コックピット

同社のエントリーモデルであるマカンは2014年の発売以来、爆発的人気を誇っています。

第1世代のマカンは2018年にフルモデルチェンジされ、今年2度目のアップデートが執行されますが、今回キャッチしたプロトタイプは、2023年に発売予定の次世代型マカンEVです。

ポルシェ マカンEV_007
ポルシェ マカン 次世代EVモデル 開発車両

そのキャビン内には、複数のスクリーンを搭載。奇妙なのはデジタルインストルメントディスプレイで、アーチ型のスクリーンのすぐ後ろに長方形のスクリーンがみえます。

手前のボクサーはプレースホルダー(仮コンポーネント)の可能性がありそうです。その横には「タイカン」に似たナビゲーション、「PASM」(ポルシェ・アクティブ・スタビリティ・マネジメント」を装備するインフォテイメントディスプレイ、空調を制御するワイドタッチパネルなど、まるで宇宙船のようなレイアウトが確認できます。

そのほか、スリムなレジスター、ダッシュボードにはアナログ時計、円形のノブと大きな収納コンパートメントを備えた、高い位置のセンターコンソールなども見てとれるなど、大幅改良されるICEバージョンとは大きく異なり、第2世代モデルはより高級感を与えています。

エクステリアはカモフラージュされディテールは不明ですが、4LEDストリップライト、低いスタンス、クーペSUVといえる、大きく傾斜したリアウィンドウスクリーンなどが確認できます。

ポルシェ マカンEV_004
ポルシェ マカン 次世代EVモデル 開発車両

マカンEV市販型には、アウディと共同開発されたVWグループの「PPE」(プレミアムプラットフォームエレクトリック)を採用、同グループのEVモデルと今後幅広く共有されることになります。

EV仕様の詳細は明かされていませんが、高出力と印象的なレベルのパフォーマンスを提供する、フラッグシップ「ターボS」を含むいくつかのバージョンで、2つのバッテリー容量が設定されると予想されます。

次世代マカンEVの登場は2023年と思われ、ICEバージョンと併売される予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?