11月デビュー決定!VW「ID.5 GTX」市販型はID.4のクーペモデル

■パワートレインはID.4と共有し最高出力295PSを発揮、全輪駆動バージョンも設定

フォルクスワーゲン(VW)は9月のIAAモビリティ2021にて、初の電動クーペSUVとなる「ID.5 GTX」プロトタイプを初公開しましたが、そのプロダクションモデルが11月3日にワールドプレミアすることが決定しました。

VW ID. 5 GTX_002
VW ID. 5 GTX 市販型プロトタイプ

「GTX」はVWの高性能電動ブランドとして設定、4月には第一弾となる「ID.4 GTX」を発表しており、ID.5 GTXはブランド第二弾となります。

捉えたプロトタイプは、4月に目撃したカモフラージュとほとんど変わっていないようです。フロントには起亜「タイガーノーズ」を模したステッカーを貼り偽装、バンパー下部に台形のメッシュインテーク、両端には垂直の通気孔を装備しています。

VW ID. 5 GTX_005
VW ID. 5 GTX 市販型プロトタイプ

後部ではプロトタイプでは見られないリアウィンドウが露出、LEDテールライトとコンパクトなウィングはID.5 GTXコンセプトと同じですが、バンパーは完全に隠されており、最終的には専用デザインとなるかもしれません。

4月のプロトタイプで見られたフェイクの排気ステッカーも取り除かれ、これがエレクトリックモデルであることが確認できます。

VW ID. 5 GTX_007
VW ID. 5 GTX 市販型プロトタイプ

パワートレインはID.4と共有、最高出力295PSを発揮するツインモニターを搭載、全輪駆動バージョンでは力強いスポーティな走りが期待できるでしょう。

動力性能では、0-100km/h加速6.2秒、最高速度は180km/h(電子リミッター制御)、1回の充電で497kmの後続を実現します。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?