BMW怒涛のMラッシュへ。M4ハードコア「CS」専用デザインが鮮明に!

■M4と異なるグリルや新設計のLEDデイタイムランニングライト装備

BMWのハードコアクーペ、『M4』に設定されるとみられる究極の「M4 CSL」(仮称)市販型、最新のプロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M4_002
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

M4クーペ新型は約1年前に「M3セダン」と共にデビュー。2021年5月には全輪駆動「xDrive」搭載モデルが追加されたばかりですが、さらなる強化モデルを投入予定で、最新情報によると「CS」と「CSL」が同時進行で開発されている可能性があるといいます。

BMW M4_007
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

鮮明に正面から捉えた画像では、複数のY字アクセントが統合されたグリルデザインを装備。複数のエアインテークを備える専用バンパーが見てとれます。

さらにターンシグナルの位置がM4と異なる、新設計のLEDデイタイムランニングライト、フロントスプリッターが確認できます。また後部ではやはり独自デザインのLEDテールライト、3フィンのディフューザー、その両サイドにクワッドエキゾーストパイプが配置されており、M4より過激なエクステリアに仕上がっています。

BMW M4_011
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

市販型では、後輪駆動に固執しながらカーボンファイバーを多様、確実に減量がなされるはずです。予想されるパワートレインは、3.0リットル直列6気筒エンジン。M4コンペティションでは最高出力503ps、最大トルク650Nmを発揮しますが、M4 CSLでは540psまで向上する可能性もありそうです。

動力性能は、0-100km/h加速3.4秒のM4コンペティションに対し、CSLでは3.3秒以下となります。マニュアルは設定されず、オートマチックギアボックスのみが組み合わされると予想されています。

現在BMWは「M8 CLS」、クロスオーバーSUV「X8M」を開発していると噂されており、今後1〜2年に怒涛の「M」ラッシュが見られるかもしれません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?