「モンツァSP1」に続くフェラーリ新型V12ハイパーカーはレトロスタイルを継承!?

■市販ボディを初スクープ! 大径のエキゾーストパイプやテールライトに統合されたスポイラー装備

フェラーリが開発を進める新型ハイパーカー開発車両をカメラが初めて捉えました。

フェラーリ 新型V12_005
フェラーリ Iconaシリーズ V12最新モデル プロトタイプ

同ブランドでは2018年9月、新シリーズ「Icona」初のモデルとして、フロントエンジンの「モンツァSP1」と「モンツァSP2」を発表しましたが、この新型モデルはその第2弾となります。これまで「ラ・フェラーリ」のテストミュールが目撃されていましたが、市販型ボディはこれが初です。

フェラーリ 新型V12_003
フェラーリ Iconaシリーズ V12最新モデル プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、サイドミラーをドアからフロントフェンダーへ移動しレトロ感をアップ、リアバンパーにエキゾーストパイプらしきものがみえます。実際のパイプは見えませんが、その口径はかなり大きいようです。

そのほかテールライトに統合されたスポイラーや、5スポークホイールなどが確認できます。

また、丸みを帯びたバブルルーフライン、ハイセットテールなどからは、1960年代にデイトナ24時間レースでワンツーフィニッシュを飾ったミッドシップエンジンの「330P4」からインスパイアされている様子が伺えます。

市販型では「アペルタ」から基本的なカーボンファイバーシャーシを流用、そのDNAを継承しますが、純粋なICEセットアップが予想されるため、ラ・フェラーリのハイブリッドハードウェアは見送られる可能性が高いようです。

パワートレインは「812コンペティツィオーネ」から流用される6.5リットルV型12気筒自然吸気エンジンを搭載、最高出力830ps・最大トルク692Nmを発揮すると予想されます。

SP1とSP2は限定500台が販売されましたが、新型Iconaではさらに縮小、限定300台程度で販売される可能性がありそうです。また当然のことながら、超高級フェラーリとして、250万ドル(約2億7500万円)から300万ドル(約3億3000万円)の間になることは確実視されています。

Icona最新モデルのワールドプレミアは、11月の「Final Moniali」イベントと予想されていますが、実車はすでに顧客に披露、注文を受けているといいます。

(APOLLO)