新型GR86にシューティングブレークが設定されたら!?

■BMW「ピエロの靴」とは言わせない!? BMW「Z3」を彷彿も、スタイリッシュに

トヨタは2021年4月、人気FRスポーツ・新型「GR 86」を発表しましたが、その派生ワゴンとなる「シューティングブレーク」を大予想しました。

トヨタGR86 シューティングブレーク_009
トヨタGR86 シューティングブレーク 予想CG

先代モデルと同様にスバルと共同開発されたGR86新型は、FR(後輪駆動)らしい加速やコーナーリングを実現、スポーツ性能に優れたモデルです。

パワートレインには2.0リットルから2.4リットルに拡大された水平対向4気エンジンを搭載、最高出力は235ps・最大トルク250Nmを誇ります。

動力性能では0-100km/h加速6.3秒と先代から大きな進化を遂げています。

トヨタGR86 シューティングブレーク_008
トヨタGR86 シューティングブレーク 予想CG

予想CGを提供してくれたのは、デザイナーのSugarchow氏です。先日公開した、日産「Z」新型シューティングブレークに続く作品となっています。

同氏は、今年リリースされた最も人気のある1台と言える「86」のデザインを損なうことなく、見事なワゴンクーペに仕上げています。その姿は、1996年から2002年まで販売されたBMW「Z3」を思い出させます。

Z3は日本人デザイナー永島譲二氏が担当、そのスタイルは「ピエロの靴」や「スニーカー」などと揶揄され、1代限りのモデルとなりましたが、いろいろな意味で記憶に残る1台です。

トヨタGR86 シューティングブレーク_002
トヨタGR86 シューティングブレーク 予想CG

シューティングブレークのエクステリアは、ルーフデザインにスポーティなクーペと伝統的ワゴンのバランスをうまく取り入れ、リアクォーターウィンドウは、フェンダー近くで「86」の特徴的キックアップデザインで処理されています。

最大の魅力といえるのはワゴンスタイルながら、2ドアを継承、Z3よりかなりスタイリッシュな仕上がりです。

同氏はレッド、ブルー、グレーの3色を設定、風景にどのように反映されるか描いているようです。過去にトヨタは86シューティングブレークのコンセプトモデルを制作していますが、果たして量産される日は来るのか、楽しみに待ちたいです。

(APOLLO)