新型インテグラ、まずは5ドアハッチが確定。その後に続くのは?

■高いベルトライン、アップキンクのリアクォーターウィンドウなどを確認

ホンダのプレミアムブランド「アキュラ」は、現在開発している「インテグラ」新型に5ドアハッチバックが設定されることを発表するとともに、新たなティザーイメージを初公開しました。

インテグラ_001
インテグラ 新型 予想CG

初代インテグラは1985年に誕生、3ドアハッチバッククーペ、5ドアハッチバックセダン、4ドアノッチバックセダンがラインアップされました。1993年の3代目、2001年の4代目では高性能「タイプR」を設定、不動の人気を誇っていましたが、2006年に惜しまれながら日本市場での販売が終了しました。

インテグラ_002
インテグラ 新型ティザーイメージ

後部から写されたティザーイメージには、フロントドアとリアドアを分離するBピラーや、「TLX タイプS」に似た高いベルトライン、アップキンクのリアクォーターウィンドウなどが確認できます。

また低くて長いスイープルーフ、リップスポイラー、スリムでワイドなLEDテールライトも確認、「5ドアを備えるプレミアムスポーツコンパクト」となります。

パワートレインなどに関しての情報はありませんが、市販型ではシビック新型と基盤を共有し、ターボチャージャーエンジンの搭載が予想されます。

ボディスタイルに関しては、今回5ドアハッチバックが確定しましたが、以前の調べでは、アキュラのスポークスマンが複数のボディスタイルをラインアップすることを示唆しており、今後派生モデルが展開される可能性もあるかもしれません。

アキュラ インテグラの新型デビューは2022年春が有力です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?