フェラーリが新シリーズ「Icona」の新型モデル開発中。第2弾は11月公開か?

■予想価格3億円! 1967年の「330P4」レースカーにインスパイアされたデザインが有力

フェラーリは2018年9月、新シリーズ「Icona」初のモデルとして「モンツァSP1」と「モンツァSP2」を発表しましたが、その第二弾となる新型モデルを11月に発表する可能性が高いことがわかりました。

ラ・フェラーリ開発車両_004
ラ・フェラーリ開発車両 「Icona」新型プロトタイプ

モンツァSP1は、ドライバーに焦点を当てたシングルシートロードカーで、モンツァSPはドライバーとパッセンジャーに走る喜びを与えてくれる2シーターオープンです。どちらも「812スーパーファスト」をベースに専用のレトロデザインが与えられています。

ラ・フェラーリ開発車両_006
ラ・フェラーリ開発車両 「Icona」新型プロトタイプ

最新情報によると、新型モデルは1967年の「330P4」レースカーにインスパイアされたデザインが有力だといいます。

伝えられるところによると、心臓部には「812コンペティツィオーネ」から流用される6.5リットルV型12気筒自然吸気エンジンを搭載、最高出力830ps・最大トルク692Nmを発揮、純粋な燃焼動力でハイブリッドアシストは持たない見込みです。

2021年5月には、フェラーリのテクニカルボスであるマイケル・レイターズ氏が「より強力なV型12気筒を開発中」と述べており、その関連性が気になるところです。新型「Icona」は「ラ・フェラーリ アペルタ」に基づいており、330P4スパイダーのようにオープンループスタイルが予想されます。

SP1とSP2は限定500台が販売されましたが、新型Iconaではさらに縮小、限定300台程度で販売される可能性がありそうです。また当然のことながら、超高級フェラーリとして、250万ドル(約2億7500万円)から300万ドル(約3億3000万円)の間になることは確実と言えそうです。

これまでラ・フェラーリ開発車両をスクープ、それが次世代ハイパーカーと予想していましたが、実は新しいIcona開発車両だったのかもしれません。

新型モデルのワールドプレミアは、2021年11月の「Finali Mondiali 2021」と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?