BMW M3初のツーリング、市販型プロトタイプが公式リーク!

■SNSには「卓越性への新しい道を開く。BMW M3ツーリングにご期待ください」とのメッセージ

BMWのハードコアセダン「M3」に設定される派生ワゴン、「M3ツーリング」市販型プロトタイプの画像が公式リークされました。

BMW M3ツーリング_005
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

ナンバープレートから判断すると、今年5月に捉えた車両と同一のものとみられます。

挑発的なドアのバナーステッカー「BringitOn」(かかってこい)は新しいですが、ホイール、ルーフスポイラー、頑丈なリアバンパー、ルーフレール、クワッドエキゾーストパイプ、L字の大型LEDテールライトなどすべてが一致しているようで、このプロトタイプはニュルブルクリンク周辺で撮影されたとみられます。

フロントエンドは公開されていませんが、以前のスパイショットからもM3/M4同様の巨大キドニーグリルが装備されることは間違いありません。

BMW M3ツーリング_004
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

画像が公開された公式Facebookには、「卓越性への新しい道を開く。BMW M3ツーリングにご期待ください」とのメッセージも添えられています。

BMWファンにとって、アウディ「RS4」をライバルとするM3ツーリングに全輪駆動が求められると思いますが、「xDrive」システム搭載はパフォーマンス指向バージョンとなり、ベースは後輪駆動と予想されます。

BMW M3ツーリング_001
BMW M3ツーリング ティザーイメージ

パワートレインは3.0リットル直列6気筒「S58」ツインパワーターボエンジンを搭載、最高出力は480ps・最大トルク550Nmを発揮、またコンペティションでは最高出力510ps・最大トルク650Nmのスペックが期待できそうです。トランスミッションは8速ATが予想されていますが、3ペダルも期待できるといいます。

M3ツーリングのワールドプレミアは、最速で2021年内、あるいは2022年前半と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?