カローラGRとプリウス次期型に、水素燃料エンジンを搭載する水素駆動モデルが設定!? デザインを大予想してみた

■「カローラスポーツ」の水素エンジンを市販型用に設定、CO2はほぼゼロに

トヨタは、カローラの派生SUV「カローラクロス」を発表したばかりですが、ハイパフォーマンスモデル「カローラGR」の情報を入手、予想CGを制作しました。

トヨタ プリウス
トヨタ プリウス 次期型 予想CG

カローラGRに搭載されるエンジンは「GRヤリス」に採用されている1.6リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを流用、6速マニュアルミッションと組み合わされ、駆動方式は全輪駆動のみになることが予想されています。

しかし最新情報で、GR発売1〜2年内に水素駆動バージョンが設定される可能性があることがわかりました。

トヨタ プリウス_002
トヨタ カローラ ハッチバック

水素を使用して燃焼に燃料を供給することにより、ほぼゼロのCO2排出を実現します。

おそらく、2021スーパー耐久レースで5月の富士24時間、8月のオートポリス、9月の鈴鹿を走ったカローラスポーツ「ORC ROOKIE Corolla H2 concept」の水素エンジンを市販型用に設定すると予想され、この水素エンジンはプリウス次期型にも設定されると噂されています。

プリウス次期型は2022年12月に登場が予想されており、ハイブリッド付き1.8リットルガソリンエンジンを搭載すると思われますが、その後、水素を動力源とするPHEVがラインアップに加わることになります。

予想されるカローラGRのエクステリアは、迫力ある大口径アンダーグリルに、一体化された横型デザインのデュフューザーを装備、プラスアンダースカートでワイド感溢れる顔つきに変貌しそうです。

またL型LED、レッドライン、ヘッドライトラインにつながる切れ込みラインでシャープなイメージを演出、サイドもフロントに合わせた、F/Rのタイヤハウスの張り出し感でスポーツ感溢れるイメージなることが予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?