マイナーチェンジを受けたジープ・コンパスの2グレードにナビゲーションを標準装備

■既存のコンパスにはアクセサリーでナビゲーションキットを用意

マイナーチェンジを受けて2021年6月から販売されているジープのコンパクトSUV「Compass(コンパス)」。

2021年9月16日、「ロンジチュード」と「リミテッド」の2グレードに純正ナビゲーションが標準装備され、9月下旬より販売・デリバリーが開始されます。

ジープ・コンパス
ジープ・コンパスのエクステリア

純正ナビは、最大7年間無償で地図更新が可能(購入年に地図更新をした場合)で、走りやすい道を優先して、最適なルートを探索が可能になっています。案内中は間違えやすい分岐をサポートし、シンプルで見やすい地図という、ナビの基本機能も万全。

また、渋滞情報などの取得に欠かせないオンラインVICSに対応するほか、約460万件の豊富なPOI(Point of Inerest)によるジャンルや名称による検索が可能なデータも収録されています。

車両本体価格は「Longitude(ロンジチュード)」が399万円、「Limited (リミテッド)」は449万円。なお、「Sport(スポーツ)」の装備、346万円の価格に変更はありません。

ジープ・コンパス
写真は「LONGITUDE」

また、ナビゲーションキットが標準化されていない従来の「ロンジチュード」「リミテッド」は、アクセサリー扱いでナビゲーションキットを販売。価格は14万円です。

マイナーチェンジで内外装デザインが刷新されたコンパスは、すべてのグレードで装備が大幅に充実していて、販売も好調だそうです。

今回のナビゲーションの標準化により、競争の激しいコンパクトSUV市場での商品力向上が図られています。

塚田 勝弘