新型フェアレディZ、早くも改良モデル&「NISMO」バージョンを大予想!

■フロントとリアのオーバーハングを拡張、よりワイドなフェンダーを追加

日産は世界で人気を誇るスポーツカー・新型「フェアレディZ」を2021年8月に初公開したばかりですが、早くも期待を込めた改良型のデザインを大予想しました。

日産 フェアレディZ_001
日産 フェアレディZ 改良型 予想CG

協力してくれたのは、マセラティ「MC20」のボディキットを発表した「7Designs」のリードデザイナーであるSiimParm氏です。予想CGでは、ヘッドライトやテールライトに1989年の「300ZX」(Z32型)のデザイン要素をより多く取り込んでいるようです。

日産 フェアレディZ_002
日産 フェアレディZ 改良型 予想CGと現行型

300ZXは、日本がバブルで湧く1989年に誕生。3.0リットルV型6気筒DOHCノンターボ/ツインターボエンジンを搭載。当時日本最高となる280psを発揮しており、歴代フェアレディZの中でも記憶に残る人気モデルと言えます。

Parm氏は、新型Zのフロントとリアのオーバーハングを拡張し、よりワイドなフェンダーを追加しました。さらに最新のLEDグラフィック、フラットボンネット、車をさらにワイドに見せるスリムなインテークを備えたバンパーに300ZX風のヘッドライトが組み込まれています。後部の黒いパネルには、丸みを帯びた長方形を維持しながら、より大型のLEDテールライトが装備されています。

さらに、今回パフォーマンス「NISMO」バージョンも製作。より大きなインテークと際立つスプリッター、フロントフェンダーのサイドインテーク、厚いサイドシル、GT-Rの6スポークホイール、カーボンファイバーディフューザー、よりスポーティなテールパイプ、大型リアウィングを備えています。

公開間もないフェアレディZの改良型は2024年頃登場予定ですが、今後もあらゆるカスタムをはじめ、予想CGなど入手次第公開していきます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?