メルセデス・ベンツ Gクラスの究極モデル「4×4スクエアード」、アーミーカラーでデザイン見えた!

■Gクラス」新型(W463)によって導入されたラダーフレームシャーシを採用

メルセデス・ベンツが開発中とみられる究極のオフロード「G500/G550 4×4スクエアード」後継モデルの最新プロトタイプをキャッチしました。

メルセデス・ベンツ G 4x4_006
メルセデス・ベンツ Gクラス 4×4 スクエアード 新型プロトタイプ

4×4スクエアードは、2016年に「Gクラス」のハードコアバージョンとして発売。

六輪駆動車「G63 AMG 6×6」の足回りなどを継承し、巨大な22インチホイールを装着、ポータルアスクルとリフトアップした車高を備え、地上高は224mm高い460mmという圧巻のボディが大きな特徴です。

さらにトラックを11.7インチワイドにすることにより安定性を向上させた「キング・オブ・Gクラス」と言えます。

メルセデス・ベンツ G 4x4_009
メルセデス・ベンツ Gクラス 4×4 スクエアード 新型プロトタイプ

ニュルブルクリンク付近のメルセデス・ベンツテストセンターで捉えた最新プロトタイプは、マットグリーンで仕上げられたアーミースタイルです。

これまでカモフラージュされていたホイールアーチが、黒いデープのみになっているほか、ルーフラックやフルサイズのスペアタイヤが後部に装備されています。また空力サイドミラーが初めて装着されており、ワールドプレミアへ準備が整っている様子が伺えます。

新型では、2018年に発売された「Gクラス」(W463)によって導入されたラダーフレームシャーシを採用、巨大な22インチホイール、ポータルアスクル、高い最低地上高を持ちます。

パワートレインは、AMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが予想され、最高出力は前世代の416psをはるかに超える585ps・最大トルク849Nmが予想されます。

G500/G550 4×4スクエアード後継モデルのワールドプレミアは、2021年内が有力です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?