「J.D.パワー 2021年日本自動車セールス顧客満足度調査」によるラグジュアリーブランドの1位は「レクサス」

■国産ブランドはホンダと日産が同ポイントで1位

J.D.パワー ジャパンは、2021年8月19日に今年で20回目の実施となる「J.D. パワー 2021年日本自動車セールス顧客満足度調査」の結果を発表しました。

レクサス
写真はレクサスの電動車両

この調査では、総合的な顧客満足度に影響を与えるファクター(要因)が設定され、各ファクターの詳細評価項目に関するユーザーの評価を基に1000ポイント満点で総合満足度スコアを算出。

顧客満足度を構成するファクターは、総合満足度に対する影響度が大きい順に「納車」(26%)、「店舗施設・サポート」(26%)、「商談」(26%)、「契約手続き」(21%)となっています(カッコ内は影響度)。総合満足度の業界平均スコアは、1000ポイント満点で、729ポイントとなっています。

J.D.パワー
ラグジュアリーブランドのランキング

「ラグジュアリー」ブランドで1位はレクサス(809ポイント)。

評価項目のうち、「店舗施設・サポート」「商談」「契約手続き」の3ファクターでセグメント中、最高評価となっています。ただし、2021年7月のレクサス高輪の不正車検問題の影響は不明です。

ラグジュアリーブランドの2位は、ボルボ(804ポイント)。「マーケット国産ブランド」の1位は、ホンダ日産で共に733ポイントで同点。

ホンダは「店舗施設・サポート」ファクターでセグメント中、最高評価。日産は、全ファクターでセグメント平均以上の評価を得たそうです。3位は、732ポイントで三菱自動車となっています。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。