アメリカ向け仕様の「新型Z」を初公開。黄色をアクセントカラーに採用した限定車の「Proto Spec」も設定

■新型Zも手が届く価格を表明

日産は2021年8月18日、米国向けの新型「Z」をニューヨークで初公開しました。新型Zは、2022年春に米国で発売される予定となっています。

新型Z
米国向けの新型Zを初公開

アメリカなどでは、「Z-Car(ズィーカー」などの愛称で、多くのオーナーズクラブがあることでも知られています。日米のみならず「Z」は世界中のファンに愛され、これまでに180万台以上を販売。世界で最も売れているスポーツカーの1台となっています。

新型Z
新型Zのインパネ

アメリカ市場向けの新型Zには、「Sport」と「Performance」の2グレードを設定。

さらに、240台の限定生産になる「Proto Spec」を用意。両グレードとも「VR30DDTT」型のツインターボエンジンが搭載され、トランスミッションは6速MT、新開発の9速ATが設定されます。

新型Z
240台の限定モデル「Proto Spec」のイエローキャリパー

また、限定モデルの「Proto Spec」には、専用の黄色いブレーキキャリパー(Zロゴ付)、ブロンズカラーのアルミホイール、イエローのアクセントカラーが配された本革シート、黄色のステッチがインテリアの各所に配されるなど、黄色のアクセントが効いています。

日産のアシュワニ グプタCOOは、「日産はZを通して、最新のスポーツカーのデザイン、パフォーマンス、そしてワクワクをお届けしています。50年以上もの間、Zは手の届く夢のスポーツカーであり続けています。このことは、時代を超えたZの魅力です。私たちは、これまでと将来の世代へZのワクワクをお届けします」とコメント。

新型Z
新型Zのリヤビュー

同社は、新型Zは、魅力的なスタイリングと先進技術を採用し、歴代Zと同様、手が届くスポーツカーとして、Zの歴代のオーナーやファン、そして将来のファンにもワクワクする走りを提供するとしています。

塚田勝弘