軽量が自慢!メルセデス・ベンツ「GLC」次期型が生産型LEDテールライト初装着

■レンジローバー イヴォークや、ジャガーE-Paceよりも1フィート(約30cm)長いにもかかわらず軽量

メルセデス・ベンツのコンパクト・クロスオーバーSUV「GLC」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツ GLC_007
メルセデス・ベンツ GLC 次期型プロトタイプ

GLC次期型は、ベースとなる新型Cクラスを支えるプラットフォームを流用するため、真のSUVとは言いきれない反面、軽量化などメリットもあります。たとえば、GLCはランドローバー「レンジローバー イヴォーク」や、ジャガー「E-Pace」よりも1フィート(約30cm)長いにもかかわらず、軽量なのです。

メルセデス・ベンツ GLC_001
メルセデス・ベンツ GLC 次期型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、未だ厳重なカモフラージュがほどこされています。しかし、市販型コンポーネントとみられるアグレッシブなスイープバックヘッドライト、LEDテールライトが初めて装着されているようすが伺えます。

また曲線的なフロントエンド、角張ったベルトラインが確認できるほか、サイドではAピラーからドアに移動されたサイドミラーや、際立つショルダーラインも見てとれます。

そのほかホイールベースが延長され、スタンスは低くなっており、この比率により効率とハンドリングが向上するはずです。

キャビン内では、Cクラス新型の足跡をたどると予想されています。新設計のマルチスポークステアリングホイールを装備、その後ろには自立型の12.3インチデジタルインストルメントクラスタを搭載。センタースタックの開閉装置を置き換える11.9インチのインフォテイメントシステムも予想されますが、一部ではパノラマディスプレイも噂されています。

パワートレインでは、最高出力259ps・最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンなどをラインアップするほか、頂点には4.0リットルV型8気筒に代わり、電動化された2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載するAMG「GLC 63」を設定、最高出力は500hp超えてくるはずです。

(APOLLO)