BMW 3シリーズ改良型の画像が流出か!? 刷新されたフロントマスクを確認

■フック型のダブルLEDやブーメラン型のアクセント、ハニカムメッシュインサートなど装備

BMWは現在主力モデル「3シリーズ」改良型を開発していますが、そのプロトタイプと思われる開発車両の画像が流出しました。

BMW 3シリーズ_001
BMW 3シリーズ 改良型プロトタイプ 流出画像

画像を提供してくれたのは「Wilcoblok」氏です。

同氏がインスタグラムにアップした画像からは、現行モデルと異なり、フック型のダブルLEDデイタイムランニングライト、ブーメラン型のアクセントとハニカムメッシュインサートを備えた大型のセンターエアインテーク、エッジの効いたフロントバンパーが確認できます。

またバンパーコーナーには空気が送られる垂直のエアカーテンが追加されるなど、刷新されたフロントエンドが見てとれます。

BMW 3シリーズ_008
BMW 3シリーズ 改良型 プロトタイプ

ほかでは、ボディストライプやカーボンファイバーコンポーネントなどMパフォーマンスパーツが装備されている様子もうかがえます。

BMW 3シリーズ_002
BMW 3シリーズ 改良型 プロトタイプ

現段階でこのプロトタイプは3シリーズ改良型と断定はできませんが有力であることは間違いなく、改良型のキャビン内には「iX」でデビュー予定の湾曲した巨大ディスプレイが採用される可能性があります。

これは12.3インチのデジタルインストルメントクラスタと、BMWオペレーティングシステム8を実行する14.9インチのインフォテイメントシステムで構成されます。

3シリーズ改良型のデビューは、最速で2021年内、遅くとも2022年前半になるでしょう。

(APOLLO)