今度はPHEVもあるぞ! レクサスRX次期型を大予想

■「RX350h」「RX450h+」の商標登録が確認、トップモデルは300psオーバー

レクサスのベストセラー・クロスオーバーSUV『RX』に関する情報を入手、予想CGを製作しました。

レクサス RX_006
レクサス RX 現行型

初代RXは「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発、1998年に発売されました。現行型となる4代目は2015年に登場、6年目に突入しており新型への期待が高まっています。

レクサス RX_007
レクサス RX 現行型

予想される次期型のデザインですが、AピラーとCピラーに傾斜をつけた、ワンモーションに近い未来型シルエットが有力で、サイドはコンセプトF-1譲りの張り出しと凹みを巧みに融合する洗練された立体構造に。

フロントのスピンドルグリルは、上部に同色パネル、下部にはシンプルなウレタンラインを配置、特徴であるサイドのくの字ラインをAピラーまで伸ばした未来感たっぷりの新デザインが予想されます。ヘッドライトもグリルラインに合わせたシャープなデザインになり、デュフューザーデザインも大胆に開けられた迫力のあるものになりそうです。

レクサスは、7月12日、コンパクト・クロスオーバーSUV「NX」新型に、同ブランド初となるプラグインハイブリッド車「NX450h」を設定すると発表、話題となっていますが、いよいよ「RX」にも設定される可能性が高まっています。

すでに「RX350h」「RX450h+」の商標登録が確認されており、そのスペックは2.5リットル直列4気筒「Dynamic Force Engine」+モーターのハイブリッドシステム(RX350h)、2.5リットル直列4気筒「Dynamic Force Engine」+デュアルモーターのプラグインハイブリッド(RX450h+)で、450h+の最高出力は300psオーバーとも噂されるほか、EV航続は90kmが期待されています。

RX新型のワールドプレミアは2022年前半で、日本発売同年内と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?